洋服代を節約したい時の買い物のコツ

節約するならやっぱり被服費という発想は、

もはや倹約家の間では常識と言っても過言ではありませんが、

とはいえ、節制のために、ファッションやおしゃれそのものを諦めてしまうのは、

もったいないだけでなく、自分の中の何かが抑制されてしまい、

気持ちの上でもネガティブになってしまいます。

 

そういったストレスの積み重ねによって、

何かと日々の生活で、充実感を得られなくなってしまうのです。

 

今回は、そんな洋服代を節約しながらも、

主婦が上手にお買い物するための方法を、

5つ厳選してご紹介させていただきたいと思います!

 

もうおしゃれすることなんて一生ないかも?!

と匙を投げていた方には、朗報ですよ!

 

バーゲン情報をこまめにチェックしておく

洋服のバーゲン情報をこまめにチェック

春夏秋冬ある日本では四季折々バーゲンが開催されます。

 

バーゲン情報を知らずに出遅れてしまったり、

バーゲン以外の日に洋服を買ってしまいますと、

まるで自分だけが損をさせられてしまったかのような歯がゆさや不満を覚えてしまい、

その後、しばらくの間、後悔させられることも少なくないでしょう。

 

したがって、常に洋服をリーズナブルに購入するためには、

新聞の折込チラシやテレビコマーシャル、

ほかにも、インターネット上のリスティング広告などにこまめに目を通して、

常に最新のバーゲンセール情報にアンテナを張り巡らせておくことが大切です。

 

メーカーによっては、毎年決まった時期にバーゲンセールを

慣行しているブランドもありますので、お気に入りのショップがある方は、

来年の手帳やスケジュール帳に前もって書き込んでおくことをおすすめいたします。

 

会員登録しておけば、優待はがきが届くこともあります。

 

数撃ちゃ当たる?!時間の限りショップ巡りを!

アパレルショップの画像

洋服代を上手に浮かせるためには、足を使うことがかなり効果的であると言えます。

 

たとえば、先日の私の話をさせていただきますと、

どうしても今夏流行りの

「花柄のロングカーディガン・ガウン風ワンピース」

が欲しくて欲しくてたまらなくて、

喉から手が出るくらいに前のめりになっていました。

 

そんなとき、夏のバーゲンセールが開催されていた

複合商業ファッションモールに行き、

片っぱしからテナントとして入っているアパレルショップを巡ることにしました。

 

なかには、タイムセールと題して、すでにバーゲン価格になっている商品が、

さらに20%オフになるというお店もありました。

 

また、それぞれのお店によって、サイズや値段、テイストが違い、

一つ一つのお店で物色しては試着をするということを繰り返すこと小一時間。

 

ようやく自分の御眼鏡に適う、納得いくアイテムを見つけることができました。

 

しかも、その割引率はタグに付いている価格の50%オフ!

 

これは絶対に買いだと思い、きっちりゲットしてきました。

 

あの店で買っていたら、デザインや縫製が微妙だったし、

その前に見たお店で買っていればコストパフォマンスの点で不満が残ったに違いない、

だからこのお店で買ってよかったといった自己満足に浸ることができただけでなく、

お財布にも大変優しいお買い物とすることができました。

 

今回このように買い物したことで、日々の食材や消耗品と同じく、洋服に関しても、

いろいろなお店を見て回ることが大切だとの教訓を得ることとなりました。

 

以上のことから、フットワークが軽いことが

洋服代の節約につながると言えると思います。

 

クーポンやポイントの利用や会員だけの優待割引の可否を確認する

クーポン券を利用して洋服代を節約

突然ですが、洋服を買うとき、そのまま何の準備もなくお店に足を運んで、

表示されている定価で購入していませんか?

 

もしも、そのような買い物の仕方をしているのであれば、

もったいないとしか言いようがありません。

 

と言いますのも、今の御時世、ありとあらゆるジャンルにおいて、

クーポンやポイントが存在していることは周知の事実だと思います。

 

つまり、あなたが狙っている洋服を売っているお店も、

じつは何かしらのクーポンやポイントが使える可能性があるのです!

 

お店固有のポイントカードや、

会員向けクーポンが発行されている場合もあります。

 

そういったアドバンテージとなる特典を使わずして洋服を買うことは、

もったいない買い方なだけでなく、とても残念な買い物方法と言えます。

 

事前に登録しておかなくても、お会計の時、

レジ前で会員登録可能なお店も少なくありませんし、

今日から使えるポイントカードを用意してくれているお店もあります。

 

ぜひ、ちょっとでもお得になる特典などメリットを見つけたときには、

それらを積極的に利用するようにしましょう。

 

不良品や現品限りのものを格安でゲットする

現品限りの洋服jを安くゲット

店頭でマネキンが着ている洋服であったり、

もう棚に並べられている現品しか在庫がないといった場合、

「現品限り」という表示とともに、かなり格安でその商品を

購入することができるのは、アパレル業界ではおなじみです。

 

たとえば、ファストファッションの大手ブランドでも、

「ほつれがある」「色落ちしている」などと

商品の状態を明示して値引きしているお店もあります。

 

そういった扱いがなされていない洋服などアイテムでも、自己申告で、

店員さんに、不良品であることやこれ1品しか残っていないことを告げれば、

可能性はそう高くはありませんが、それなりに割引を受けられたりします。

 

私も何度かこの方法で、定価よりもお安く洋服を手に入れた記憶があります。

 

ほかにも、「まとめて何点お買い上げの方には割引アリ」といった条件や、

通販サイトでも「何円以上で送料無料」になる店も珍しくないと言えます。

 

知らなければ余分なお金を支払うことになりますので、

やはり、よく見て確認しておくことが肝心です。

 

季節感を逆手に取る?!冬に夏モノ&夏に冬モノを探そう

春夏秋冬

アパレル・ファッション業界は、常に流行や季節を先取りすることが鉄則の業界です。

 

ですから、春先に洋服店に赴くと、すでに春よりも

夏を意識した商品展開がされていることも珍しくありません。

 

そして、ショップ店員さんの着ている服も、

まだ寒いのではないかと感じてしまうほど、

半袖や夏向けのファッションだったりします。

 

そんなシーズン、春~夏ものが最新作とされることになりますので、

比較的高めのお値段設定になっていることがほとんどです。

 

逆に、終わってしまった冬物の残りが、安くなっているのもよく見かけます。

 

なぜなら、これから暖かくなっていくのに、1年先まで出番がない冬物は、

1年後に、同じアイテムに人気があるかどうかもわかりませんし、

そもそも放置しておくと繊維や素材が劣化してしまうので、

値段を下げてでも売り切ってしまいたいというのが、

お店側の本音であると言えます。

 

冬に夏物を買うときにも同様の買い方をすることができますので、

いずれにしても、季節感を無視することで、

掘り出し物をお安くゲットすることが可能になるのです!

 

まとめ

やっぱりおしゃれを断念するのは、この100歳時代では、

現実的であるとは言い難いものがあります。

 

ファストファッションを利用してもいいですし、

もともとそこそこのお値段がするものをできる限り安く手に入れることは、

「私だけ得しているみたい」といった高揚感を生んでくれるもので、

おしゃれへのモチベーションが上がること間違いありません。

 

安かろう悪かろうではなく、それなりの値段の洋服をどうすれば

安価に入手できるかということを常に考えておくことが、洋服代を節約しながらも、

おしゃれでいられる決め手になると言っても過言ではないでしょう。

 

おすすめの記事