身体に異常を感じる主婦

ストレス社会に直面することで、

昔よりもカラダに異変が現れる主婦が多くなっています。

 

そして、大したことないだろうとの自己判断が、

のちのち取り返しのつかない事態を引き起こすことに

つながる事態も頻発しているようです。

 

そんな、主婦なら誰しも経験したことのある気になる

カラダの症状とお悩みの原因を探ってみたいと思います。

 

ホットフラッシュ?冷えのぼせとの違いは?

ホッとフラッシュ状態の主婦

いわゆるホットフラッシュは、ホルモンのバランスが

乱れてしまうことによって引き起こされる現象です。

 

外気温や運動などに左右されることなく、

突如カラダから汗が吹き出してくる症状があります。

 

特に30代後半~50代の女性に起こりやすく、

季節や環境に関係なく起こるのが特徴です。

 

また、ホットフラッシュは更年期障害の1つであるとされています。

 

対する冷えのぼせの原因は、自立神経が不安定になってしまうことだと言われています。

 

何らかの理由によって、身体の交感神経と副交感神経の切り替えが

十分に行えなくなってしまい、交感神経優位でカラダが常に興奮状態となるので、

汗が出やすく、ほてりを感じてしまいます。

 

そして、冷えのぼせの典型的なパターンは、

手足が冷えているのに、頭や顔といった上半身が熱くなることです。

 

頻発するめまいや頭痛

めまいを起こした主婦

「なんだか最近体調がすぐれないのは、風邪の前兆かしら?」

なんて思っていてもじつは全然違う病気が潜んでいることがあります。

 

たとえば、めまいに関して言えば、女性に多く見られる

貧血やメニエール病、突発性難聴や脳卒中も考えられるのです。

 

めまいと同時に起こる頭痛もありますが、歳を重ねると、

いつしか偏頭痛が慢性的な頭痛になってしまうこともあります。

 

めまいでふらついて、転んだり怪我をしてしまっては大変ですし、

頭痛薬や鎮痛剤によって頭痛を抑えられたとしても、

その場しのぎでしかなく、そのまま薬を飲み続けていくわけにもいきません。

 

いずれも、何らかのカラダからのサインですので、

見落とすことのないよう医療機関を受診してください。

 

年齢は無関係?!更年期障害

更年期障害でイライラする主婦

一般的には閉経の前後10年くらいの年齢に起こるのが

更年期障害だと言われていますが、

最近では、生活スタイルが変わったことなどによって、

それよりも若い世代でも若年性更年期障害といった症状が起こってしまうようです。

 

残念ながら更年期障害の治療法は対処療法しかなく、

症状を和らげたり、軽くしながら上手に付き合っていくことになります。

 

なお、更年期障害は、女性だけではなく男性にも起こるものです。

 

眠れなくなったり、汗が止まらなくなったり、

憂うつな気分になってしまったり、

逆にイライラして怒りの感情が爆発してしまうということもあります。

 

それに加えて、不定愁訴として倦怠感や脱力感が起こることもあるのです。

 

大変辛いものですが、医療機関で適切な薬を処方してもらい、

症状を緩和することが先決です。

 

決してあなただけではありません。大丈夫、

恥ずかしがらず、また億劫に思わずに、病院へ行きましょう。

 

軟便や下痢&便秘も?!腸内フローラの乱れ

下痢や便秘を起こしやすい腸内

この頃、乳酸菌サプリや菌活という言葉があふれかえるほど、

とにかく現代人は「腸」のトラブルを抱えているものです。

 

とくに、軟便だったり、下痢が続いたり、

逆に便秘で苦しんでいる人も珍しくありません。

 

食生活が豊かになり、栄養を摂りすぎていることや栄養に偏りが出てしまうこと、

ほかにも暴飲暴食をしがちなことなども、腸内環境を悪化させる要因であるとされています。

 

とくに、腸内フローラと呼ばれる腸内細菌のバランスは、

外食ばかりしていたり、よくない食生活を続けていれば、

あっという間に崩れてしまうものです。

 

腸は、食物繊維によってその便の量を増やすことができます。

 

今流行りの糖質制限ダイエットなどをしている場合、

意識して食物繊維を摂取しなければ、腸の動きが鈍くなってしまいます。

 

また、安易に下剤や整腸剤に頼ってしまうと、それが当たり前になって、

薬がなければ、自発的に腸が働いてくれなくなったりします。

 

自然で無理のないお通じのためにも、食生活の見直しが大切だと言えます。

 

胸の痛み?それとも心臓?肋間神経痛かも?!

胸の痛みに悩む主婦

よく芸能人やテレビに出てくる人が「乳がん」だったとのニュースを目にすると、

「もしかしたら私も?!」と不安に思えてきてしまいますが、

結局、先延ばしになってしまうものだったりしませんか?

 

というのも、乳がん検診は痛いと聞いたことがあるから

恐怖心を持ってしまうことや、人に胸を見せることに

抵抗がある人が少なくないからです。

 

ですが、胸の病気は、早期発見が大切であることは言うまでもありません。

 

また、仮に腫瘍が発見されたとしても、

悪性のものとそうでないものがありますし、

あるいは全く違う原因によって胸の痛みが引き起こされている可能性もあります。

 

不整脈や洞性徐脈といった心臓疾患だったり、

あるいは肋間神経痛ということも考えられるでしょう。

 

そのあたりは、お医者様にしか分からないことですので、

結果どこも悪くないということが分かっただけでも、

安心という収穫があったとホッとすることができると言えます。

 

生理不順や不正出血

生理不順に悩む主婦

主婦なら生理不順や不正出血に悩んだ経験、ありますよね?

 

とくに、妊娠出産を経た時期や、閉経を迎える前の時期には、

生理の周期が乱れやすくなります。

 

生理が飛んでしまう場合には、そんなに気にならなかったりするものですが、

反対に、いつまでも生理が終わらず、ダラダラと出血が続いているときには、注意が必要です。

 

女性特有の婦人科系疾患による出血かもしれませんし、

あるいは、ストレスや心の問題によって引き起こされている場合もあるからです。

 

そして、何よりも気をつけていただきたいのは、

出血が続くことによって、常に「貧血状態」になってしまっているということです。

 

そんなときは、カラダが疲れやすくなってしまうだけでなく、

日常生活にも支障をきたしてします。

 

婦人科で適切なお薬を処方してもらうことができますので、

早めに受診しておきましょう。

 

耳が聞こえにくい&視界がおかしい?!

突発性難聴を自覚できない主婦

歳とともに、耳が遠くなってしまうことは致し方のないことですが、

それに加えて、かすみ目や、黒い点のようなものが視界に入り込んできたり、

はたまた視界の一部が欠けてしまっているという症状はありませんか?

 

それ、もしかしたら、突発性難聴や白内障・緑内障

といった病気の予兆かもしれませんよ。

 

また、現代人はデジタル機器の発するブルーライトのせいで、

常に目を酷使しがちです。

 

そのため多くの人が自分が「ドライアイ」であることに気づいていません。

 

長い人生で、耳や目こそ、ずっと使い続けることになる身体の部分ですので、

気になることがあれば、放置せずに病院へ行ってみてくださいね。

 

まとめ

現代の主婦は、朝から晩まで動き回って、

自分の時間や自分の健康を顧みることさえおざなりになってしまうものです。

 

ですが、身体からのサインを見落としてしまうと、結果、

家族にも迷惑をかけてしまうことになってしまいます。

 

あなたの健康は、あなたにしか維持できないもの。

 

だからこそ、当てはまる症状をお持ちでしたら、今一度チェックしてみてください!

 

おすすめの記事