お風呂掃除のコツ5選

ついついサボってしまいがちな、お風呂掃除ですが、

まあいっかとズルズル放置してしまうと、気づいたときには、

水垢やカビによる恐怖体験をすることとなってしまいますので、注意が必要です。

 

私も経験がありますが、気づいた時には時すでに遅しで、

もうそれこそ泣きながら小一時間以上もお風呂場に這いつくばって、掃除をした記憶があります。

 

でも、なるべくならそういったことに陥らず、

時短で、しかも簡単に、お風呂をキレイに保てる掃除方法はないのかしら

と思ってしまうものですよね?

 

今回は、お風呂掃除のコツと、おすすめの方法を5つ

ご紹介させていただきたいと思います。

 

毎日こまめに少しずつ!

お風呂掃除の道も一歩から

ローマの道だけでなく、お風呂掃除の道も一歩からです。

 

根気よく、毎日継続していくことが、

常に清潔なお風呂場を保つためのコツの1つと言えます。

 

具体的には、毎日の入浴時、今日はここだけ、

これだけとポイントを決めて、掃除をしていくという方法です。

 

これであれば、一週間で7箇所のお風呂掃除を行うことができ、

一日5分~10分程度の時間で完了しますので、

ズボラな方にでも続けていくことが可能となります。

 

お風呂を上がる前にささっと手早く!

お風呂掃除は、お風呂に入る前ではなく、

自分が身体や髪の毛を洗って、湯船につかって、

温もったところで開始するとはかどります。

 

というのも、裸で作業するには、やはりお風呂場は冷える空間です。

 

とくに、冬場のお風呂掃除はその辛さから、やりたくないと思いがちとなってしまいます。

 

だからこそ、自分が快適になったあと、

気分良く掃除することが苦手意識を克服することにつながるのです。

 

スポンジやブラシを使って洗浄したら、あとはシャワーのお湯で洗い流すだけでOKです。

 

たったそれだけで、翌日も快適に入浴することができるので、おすすめです。

 

見えないところも要チェックです

お風呂掃除は見えない所も要チェック

たとえば、排水口の中であったり、浴槽の内側、

細かいタイル目などといったところに見えない汚れがたまっているものです。

 

普段はそのままでも良くとも、まとまった時間があるときには、

カビとりハイターなどを使って、しばらく放置して、

洗い流すだけでも雑菌を除去することができます。

 

手荒れが気になる方は、ゴム手袋などを使用しておくと安心です。

 

鏡や壁の水垢対策もお忘れなく

お風呂の水垢

浴室の鏡は何もしないと曇りがひどくなって、

鏡の役割を全く果たさなくなるだけでなく、

見た目にも掃除ができていないと思われてしまいがちです。

 

水回りの業者を呼ぶようなことになったとき、

「ここの奥さんは、お風呂掃除ができない人なんだ」

と思われないよう、常日頃から意識してキレイにしておきたいものです。

 

具体的には、ガラスや鏡用の曇り防止対策用品が市販で多数販売されていますので、

洗剤で汚れを洗い落としたあと、ささっと吹きかけておくだけでも、鏡の汚れがつきにくくなります。

 

換気扇等を付けておくという工夫

お風呂の換気扇を付けておく

電気代がかかってしまうことは否めませんが、

ジメジメとする梅雨時にはカビが発生しやすくなってしまうお風呂場ですので、

できることなら24時間換気扇を回しておくことも、掃除を楽にする方法と言えます。

 

また、新しい設備が導入されているお風呂であれば、

浴室乾燥機などもありますので、入浴後は水気を飛ばすために、

少しの間乾燥させておくといった手立てもあります。

 

ちょっとの工夫で、お風呂のキレイが劇的にキープできることにつながります。

 

なお、なるべく電気代やお金をかけたくないといった方には、

ワイパーブラシで壁や床、浴槽の水分を拭っておき、

ついでに、洗濯に回すバスタオルなどを使って、乾拭きしておくことも得策であり、

率先して取り入れていただきたいお風呂掃除のコツであると言えます。

 

ほかにも、しばらくの間、お風呂場の扉を開けっ放しにしておくことでも、

湿気が外に逃げてくれ、知らない間に乾燥しやすい浴室とすることができます。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

一念発起して、年末に大掃除でお風呂をピカピカに磨き上げてみたものの、

ひと月もすれば、もう水垢やカビが発生してしまい、排水口からはイヤなにおいがしてくるものです。

 

だからこそ、お風呂掃除をしなければ!と気合いを入れて、頑張りすぎてしまうのは、

やはりお風呂掃除が苦手な方には、さらなるストレスになってしまい、逆効果になってしまいます。

 

敬遠することはできても、いつかは掃除しなければ、お風呂はとんでもないことになってしまいます。

 

もちろん、余裕があれば、

専門業者による水回りの家事代行サービスを利用してみることも良いかもしれませんが、

これでは、あまりにもコストパフォマンスが悪くなってしまうだけでなく、

家計にとって百害あって一利なしです。

 

家庭の恥部をほかの人に見られることなく、

自分でできることを自分で行うことが、何よりも重要であると言えます。

 

お風呂がキレイだと、バスタイムが楽しくなるだけでなく、

リラックスしてその日一日の疲れを癒やすことができ、

安眠にもつながり、また翌日から頑張ることができます。

 

たかがお風呂掃除と思わず、されどお風呂掃除と意識を変えることによって、

あなたも快適な暮らしを実現してみてくださいね!

 

以上、お風呂掃除のコツって?おすすめの5つの方法についてのお話をさせていただきました。

 

おすすめの記事