【PR】この記事には広告を含む場合があります

ロボロックS7+の口コミレビュー!掃除性能や自動ゴミ収集ドッグの性能や使い勝手は?

ロボロックS7+は、中国のメーカーが開発したロボット掃除機です。

 

ゴミの吸引と水拭きができる2in1タイプで、

自動ゴミ収集ドッグが付属しています。

 

インターネット上では

「吸引力が高い」「水拭きがキレイ」「ゴミ捨てが楽」

といった高評価の口コミが多く見られますが、

実際のところはどうなのでしょうか?

 

この記事では、ロボロックS7+の口コミレビューをもとに、

掃除性能や自動ゴミ収集ドッグの性能や使い勝手について詳しく解説していきます。

ロボロックS7+の口コミレビュー

ロボロックS7+の口コミレビューを見てみると、

良い口コミと悪い口コミがそれぞれありました。

 

ここでは、それぞれの口コミの内容をまとめてみました。

ロボロックS7+の悪い口コミ・デメリット

ロボロックS7+の悪い口コミやデメリットとして挙げられたのは、以下のような点です。

BAD
  • 音が大きい。特にゴミをドッグに吸い上げるときの音が気になる。
  • 段差やカドに乗り越えられないことがある。家具や壁にぶつかることもある。
  • 拭き残しや吸い残しがある。特にカーペットや角の部分は掃除が甘い。
  • 紙パック式のゴミ収集ドッグを使うとランニングコストが高い。紙パックは1枚約600円で、30回分しか使えない。
  • ダストケースやフィルターのお手入れが面倒。水洗いや乾燥に時間がかかる。

ロボロックS7+の良い口コミ・メリット

ロボロックS7+の良い口コミやメリットとして挙げられたのは、以下のような点です。

GOOD
  • ゴミ自動回収が便利。掃除後にゴミを捨てる手間がなく、ゴミ収集ドッグに集めたゴミも捨てやすい。
  • アプリが万能。予約やエリア設定、吸引モードや水拭き強度などが簡単に操作できる。
  • 床がピカピカになる。掃除機と水拭きが同時にできるので、フローリングやタイルなどがキレイになる。
  • 色が白でオシャレ。他のロボット掃除機とは違って、清潔感や高級感がある。
  • 吸引力が高い。2,500Paのパワーで、砂や髪の毛などのゴミをしっかり吸い取る。

 

ロボロックS7+の機能や特徴

ロボロックS7+は、ロボット掃除機としては高機能なモデルです。

その機能や特徴を以下に紹介します。

2in1タイプ
  • ゴミの吸引と水拭きができるので、床の掃除が一度に済む。
自動ゴミ収集ドッグ
  • 掃除後にゴミを自動でドッグに吸い上げるのでゴミ捨ての手間がない。
  • ドッグの容量は400ml×30杯分(60日分)で、サイクロン式と紙パック式が選べる。
高速振動モップ
  • 水拭き時に毎分最大3,000回の振動で汚れを浮かせてから拭き取るので、床がキレイになる。
マッピング機能
  • 26個のセンサーで部屋の間取りや家具の位置を正確に把握し、効率的に走行する。
  • アプリでエリアやモードの設定もできる。
スマートリフト機能
  • 床の素材に合わせてモップの高さを自動で調整するので、カーペットや敷物に引っかからない。
2,500Paの吸引力
  • 高いパワーで幅広いゴミを除去する。
  • 吸引モードはサイレント・バランス・ターボ・マックスの4段階から選べる。
長時間稼働
  • 5,200mAhの大容量バッテリーで、最大3時間の連続稼働が可能。
  • 充電が必要になると自動でドッグに戻る。

</a

 

ロボロックS7+の掃除性能について

ロボロックS7+の掃除性能は、口コミレビューでも高く評価されていました。

その理由は以下の通りです。

吸引力が高い
  • 2,500Paのパワーで、砂や髪の毛などのゴミをしっかり吸い取る。
  • 吸引モードはサイレント・バランス・ターボ・マックスの4段階から選べる。
水拭きがキレイ
  • 高速振動モップで汚れを浮かせてから拭き取るので、床がピカピカになる。
  • 水拭き強度は低・中・高の3段階から選べる。
マッピング機能が優秀
  • 26個のセンサーで部屋の間取りや家具の位置を正確に把握し、効率的に走行する。
  • アプリでエリアやモードの設定もできる。
スマートリフト機能が便利
  • 床の素材に合わせてモップの高さを自動で調整するので、カーペットや敷物に引っかからない。
長時間稼働が可能
  • 5,200mAhの大容量バッテリーで、最大3時間の連続稼働が可能。
  • 充電が必要になると自動でドッグに戻る。

 

ロボロックS7+の自動ゴミ収集ドッグの性能や使い勝手について

ロボロックS7+の自動ゴミ収集ドッグは、

掃除後にゴミを自動でドッグに吸い上げるという画期的な機能です。

 

その性能や使い勝手について以下に紹介します。

ゴミ捨ての手間がない
  • 掃除後にゴミを自動でドッグに吸い上げるので、ゴミ収集ドッグに集めたゴミも捨てやすい。
ゴミ収集ドッグの容量が大きい
  • 400ml×30杯分(60日分)のゴミを収納できるので、頻繁にゴミ捨てをする必要がない。
ゴミ処理方法が選べる
  • サイクロン式と紙パック式の2種類があるので、好みや環境に合わせて選べる。
サイクロン式は水洗いができてランニングコストが抑えられる
  • ゴミ収集ドッグのダストボックスを水で洗えるので、清潔に保てる。
  • 紙パックを買う必要がないので、経済的にも優れる。
紙パック式はゴミ捨てが簡単で衛生的
  • ゴミ収集ドッグのダストボックスに入った紙パックをそのまま捨てるだけなので、ゴミが舞う心配がない。
  • 紙パックはバイオマスプラスチックで作られており、環境にも優しい。

 

ロボロックS7+の口コミレビューまとめ

ロボロックS7+は、掃除性能や自動ゴミ収集ドッグの性能や

使い勝手が高く評価されているロボット掃除機です。

 

ゴミの吸引と水拭きができる2in1タイプで、

ゴミ収集ドッグにゴミを自動で吸い上げるという画期的な機能を持っています。

 

アプリで細かく設定や操作ができるのも便利です。

 

一方で、音が大きい、段差やカドに乗り越えられない、拭き残しや吸い残しがある、

紙パック式のゴミ収集ドッグを使うとランニングコストが高い、

ダストケースやフィルターのお手入れが面倒といったデメリットもあります。

 

ロボロックS7+は、掃除の手間を減らしたい人や、

床をキレイに保ちたい人におすすめのロボット掃除機です。

 

この記事を参考に購入を検討してみてくださいね♪

 

\ Roborock初のスマート自動ゴミ収集ドッグ搭載モデルです♪/

おすすめの記事