スーパーで買い物する主婦

 

のぞみ
私スーパーに行くとついついやっちゃうことがあってね・・・

あゆみ
お恥ずかしながら、じつは私もあるんですよ、これが。

りょうこ
えっ、お二人もですか?!

 

のぞみ
てことは、りょうこさんも?

りょうこ
はい。じつはあまり人には言えるような話じゃなくて。

のぞみ
ちょっと後ろめたい気持ちになるのは事実よね

 

あゆみ
誰も何やっちゃうか言い出さないところを見ると、先にお話を見ていくしかなさそうですね!

のぞみ
今回は、主婦がスーパーでついついやっちゃうことがテーマよ!

 

自分が買う商品はなるべく新鮮かつお得を狙ってしまう

 

スーパーに陳列されている商品の多くは「前陳」といって、

見栄えが綺麗になるようにするだけでなく、

消費期限や賞味期限が近いものから前に並べられています。

 

そのため、たった1日しか変わらなくとも、

期限が長い方のアイテムを選んでしまいがちです。

 

そして、棚の奥の方から最長の期限のものを引っ張り出している姿なんかは、

できれば人に見られたくないくらい恥ずかしい行為。

でも、やってしまうのが主婦あるある!

 

さらに、お肉であっても、極力脂身の少ない部位が入っているものを、

お魚や刺し身でも、なるべく背中側よりもお腹側の部位を探してしまうものです。

 

また、玉子についてもサイズ無選別であっても、ついつい目視して、

より大きいサイズが入っているものを選ぼうとしてしまいますよね。

 

野菜であれば、もやしは水分が出ていないものを、

レタスは巻きが多いものを、大根やキャベツは重たいものを、

それぞれ求めてしまうのは、「価格以上の価値」を見出したい

という本能によって突き動かされてしまうからかもしれません。

 

無料でもらえるものはゲットしてしまう

あゆみ

寿司コーナーの《しょうゆ・わさび・しょうが》であったり、

お肉コーナーの《牛脂》はとりあえずカゴへ入れてしまうあるある。

 

もちろん、「無料」かつ「お一人様○個まで」

といったルールだけはきちんと守りたいものです。

 

そのため、どこのご家庭でも冷蔵庫のポケットには、

個包装のわさびやしょうゆがストックされていたりします。

 

そして、何かの拍子に思い出して、使えば意外と重宝します。

日持ちするところもうれしいポイントです。

 

なお、牛脂はすぐに使う予定がない場合、冷凍保存しておくのもコツですよ!

 

ほかにも、商品をカゴから袋に入れるための

作業台に設置してあるビニール袋をガラガラと大量にゲット

してしまうのも主婦あるある。

 

なにかの時に使えるかもしれないという気持ちがそうさせるのでしょう。

 

もちろん、節度を守って適量を持ち帰るようにすれば、

意されるようなことはありません。

 

ちなみに、プラスチックスプーンや割り箸も

「ご自由にお取り下さい」状態となっていますが、

それらは環境破壊に直結しますので、

必要以上に持って帰ることは避けたいところです。

 

「本日限り・大特価」の札に弱い

 

主婦は「本日限り・大特価」の札にめっぽう弱いものです。

 

今日しかこのお値段でこの商品が買えないのであれば、

偶然にも立ち寄って発見することのできた私には、

買わないという手はないのではないかとの算段が働くからでしょう。

 

本当に必要なのかどうか、無駄遣いではないか

日頃はいくらで販売されているのか

軽くリサーチしてから購入すれば失敗がありません。

 

もちろん、「本日限り・大特価」だけでなく、

「新商品・謝恩品」にも弱いのが主婦。

 

誰も試したことがない未知の誘惑が購買意欲を刺激してしまうためか、

また私だけ優待されているような錯覚に陥ってしまうためか、

いずれもお買い物のモチベーションをアップさせます。

 

もっとも、新商品は自分の口に合わない可能性もありますので、

冒険したい人やある程度味の予想が付く人は買ってみるのもいいかもしれません。

 

単に、新しいものにはとりあえず飛びつくというタイプの人はご注意を!

 

マイバッグは持参する

あゆみ(買い物)

今やレジ袋有料化が当たり前となったため、

値引きか来店ポイントが付けてもらえる

マイバッグ持参は主婦には当然の帰結と言えます。

 

マイバッグは、昔は種類も少なく、

もっと高級なものしかありませんでしたが、

今では100円ショップでも色々なサイズ・カラーを見つけることができるので、

良い世の中になりましたね。

 

自分の好物を見つけると買う気がなくてもつい値段チェックしてしまう

 

アイスクリームに目がない人、あんぱんに目がない人、

あるいは、ローストビーフに目がない人。

 

今日の献立には全然関係がないのに、自分の好きな食べ物を見つけると、

どうしても値段チェックをしたくなるのが主婦の心理ですよね?

 

かく言う私も、おでんの季節になると

「牛すじ」や「鯨のコロ」の価格をチェックしてしまいがちです。

 

実際に買うことはほとんどありませんが、確認しておくことで、

「これは高すぎる」「今の相場はこのくらいなんだ・・・」と自分の中で合点がいくからかもしれません。

 

試食コーナーにはとりあえず立ち寄る

りょうこ(ダッシュ)

大型スーパーでは、試食コーナーが設置されていることも珍しくありません。

 

その場で調理されるものは、

おいしそうなニオイが立ち込めていて、やっぱり気になってしまいます。

 

「お1つどうぞ」と差し出されでもすれば、

やっぱり食べたくなっちゃうものです。

 

もちろん、気に入らないから買わないというのはアリですが、

それができない弱気な方は気をつけて下さいね!

 

昨日買ったものが今日安くなっていることにショックを受ける

 

バーゲンでも同じことですが、自分が買ったものが

翌日に割引価格になっていたら、がっかりしてしまいますよね。

 

そんなときは

「だったら昨日買わなくても、今日でもよかったのに!」

と怒り心頭になるだけでなく、もう一捻りしてみましょう。

 

昨日買ったとはいえ、保存がきくものであれば、もう1つ買うのです。

 

具体的には、550円のコーヒーが350円になっていたのであれば、

昨日買った状態だとあなたの出費は550円のままですが、

今日買い足すことによって、(550+350)÷2=450円/個とすることができるのです。

 

こういったやり方を株や為替の世界では「難平(ナンピン)」と呼びます。

 

ショックを緩和するなら、ぜひ難平を!

 

レジで前に並んでいる人のカゴの中身が気になり夕食を推察してしまう

 

これもあるあるですよね。だいたいよくわかるのが、

お鍋やとんかつ、お好み焼きでしょうか。

 

あと、人によって何が好物なのかもよく見えるのは、

岡目八目」だからなんですね!

 

レジ横のお菓子やキャンディ・ガムに誘惑されてしまう

あゆみ(目がハート)

レジ横や周辺の棚に販売されているものは全てトラップですので、

気をつけましょう!でも、買っちゃうのが主婦あるあるなんですよね

・・・とくに昔懐かしいお菓子や和菓子は要注意です!

 

自動レジにいまだ慣れない

 

お金の入れ方に戸惑うだけでなく、タッチパネル・レシートの取り出し、

お釣りの取り忘れさえやらかしてしまうものです。

 

まだキャッシュレス決済にも不慣れだったり、

輪をかけて機械音痴だったりでもすれば、もう目も当てられませんね。

 

とはいえ、今後自動精算レジが主流となっていくことは

間違いのない事実ですので、なるべくどんなタイプのものにも

対応できるようがんばるしかなさそうです。

 

さいごに

 

のぞみ
結構当てはまるわ~私。

あゆみ
私も~

りょうこ
でも、何に当てはまるかは言わない(笑)

 

のぞみ
まあ、決して自慢できることじゃないからさ

あゆみ
そうそう。りょうこさんもでしょ?

りょうこ
まあ。そういう意味では、同じ穴のムジナですね。私たち。

 

のぞみ
ムジナ三姉妹だったりして?

あゆみ
なんかそれ、ちょっとかわいいかも(笑)

 

おすすめの記事