仙台行くなら外せない?!主婦垂涎のグルメ情報5選

 

のぞみ
杜の都仙台!ああ、東北は米処だし、自然も豊かだし、絶対行くべきよね!

あゆみ
そうなんです!主婦には特に行ってもらいたい名所やグルメが盛りだくさん!

りょうこ
私、じつはあまり国内旅行ってしたことなくて…

 

あゆみ
ってことは、海外メイン?!

りょうこ
ええ、まあ

のぞみ
羨ましすぎるじゃないの!でも、国内旅行には海外にはない安心感とか旅情があるから、ぜひ仙台を皮切りに旅してみるっていうのもいいかもよ?

 

りょうこ
そうします!子供がもう少し大きくなったら、高校時代の女友だちなんかと、ぜひ女子旅してみたいです!

あゆみ
それ、絶対楽しいヤツや!

のぞみ
て、何で大阪弁やねん!

 

牛タン

牛タン

仙台は、言わずと知れた「牛タンのメッカ」です。

 

もともと、東北地方では、焼き鳥が流行っていたのですが、

すぐに真似するお店が出てきてしまい、

焼き鳥業界はレッドオーシャンと化してしまっていたようです。

 

そんな中、

「今までにない誰にも真似されることのないような名物を生み出してやる!」

と一念発起した牛タンの名店「味太助」の創業者である

佐野啓四郎が牛タン販売に乗り出したのだとか。

 

その後、食べた人の間でたちまち火が付き

「牛タンってこんなに美味しいんだ!」ということで地域に根付いていったのです。

 

利休や司、太助に喜助といった有名店は、

いずれも大人気でランチタイムには行列ができてしまうこともあります。

 

ちなみに、JR仙台駅の中には通称「牛タン通り」と呼ばれるストリートがあり、

数ある仙台を代表する牛タン専門店が軒を連ねていることで知られています。

 

どこへ行くのか迷ったときは、

こちらの牛タン通りに行ってみるのがおすすめです。

 

ちなみに、牛タンはお土産として買って帰ることもできるのも、

ありがたいポイントと言えます。

 

ずんだ餅シェイク

ずんだシェイク引用元:ずんだ茶寮

まず、仙台空港の中にある「ずんだ茶寮」では、

「ずんだ餅シェイク」をいただくことができます。

 

見たところ、独特のうぐいす色の粒粒が入っているのが目で確認でき、

「胃もたれしないかな」とか、「そもそもこれって美味しいの?!」

と抵抗を感じてしまいがちですが、いえいえ、そんな心配は取り越し苦労に過ぎません。

 

なぜなら、ずんだの優しい素朴な甘みが癖になるので、

あっという間に虜になってしまうこと間違いないスイーツだからです。

 

私なんて、到着したその日にいただき、

出発前にもまたいただいてしまったので、

お店の方に覚えられていたくらいです。

 

少し恥ずかしかったですが、これはぜひご賞味下さい!

 

笹かまぼこ

笹かまぼこ

笹かまぼこと言えば、笹の葉のような独特の形状が特徴的な

高級感漂う練り物として有名ですよね。

 

でも、じつは、笹かまぼこは仙台の名物だったということを

知らない人も少なくないのが残念な気がいたします。

 

もともと、笹かまぼこは、仙台市内のかまぼこ店が、

当時大漁だった「ヒラメ」をすり身を使って笹の葉に見立てた

焼きかまぼこを売り出したところ大ヒットしたのがきっかけで生まれました。

 

ヒラメといえば、今では高級魚。

そんなヒラメをすり身にしてしまおうだなんて、発想が贅沢過ぎますね。

 

少し炙って、ワサビ醤油を付けて食べれば、食卓の一品に、

お酒の佳肴に早変わりする、主婦にはうれしい食材です。

 

仙台と言ったら、笹かまぼこ。もちろん、現地でいただくことをお忘れなく。

 

はらこ飯

はらこ飯

荒浜沖から阿武隈川でとれた「鮭」を切り身にして煮付けたら、

その残り汁を使ってご飯を炊き上げたら、その炊きたてのご飯の上に、

先に煮ておいた鮭とイクラのはらこを乗せます。

 

その料理のことを、はらこ飯と言います。

 

見た目は、はらこたっぷりなので、「鮭イクラ丼」のようにも見えますが、

その実態は「炊き込みご飯」なので全然別ものです。

 

はらこ飯は以前、宮城県の亘理町でしか食べられていなかった郷土料理でした。

それが、今では「駅弁」でも食べられる時代になったのですから、嬉しい限りです。

  

本来宮城県では、はらこ飯はお店で食べる(=外食する)というよりも、

自宅で家族みんなで食べるものとの感覚が強いようですが、

ツーリスト向けに、仙台市内でもはらこ飯が食べられるお店はたくさんありますのでご安心を!

 

とくに、お店でいただく場合には、はらこ飯と一緒に「鮭のアラ汁」

がセットになっていることが多く、高評価です!

 

冷やし中華

冷やし中華

「え?どうしてわざわざ仙台で冷やし中華?!」と思ったあなた、

じつは、冷やし中華は仙台が発祥だったってご存知でしたか?

 

中華料理店「龍亭」が日本で最初に「冷やし中華」を出したんだそうです。

というわけで、日本の元祖冷やし中華はぜひとも食べておいて損はないでしょう!

 

ほかのいわゆる冷やし中華と一線を画するところは、

ズバリ使用される「海鮮」と、

中華の具材が惜しげもなくトッピングされてくるところです

(ちなみに、龍亭では具材は別皿で供されます)。

 

たとえば、丁寧に焼き上げられた錦糸卵や濃厚チャーシューの薄切り、

味のアクセントにぴったりの中華クラゲといったトッピングは

普通の冷やし中華では、なかなか目にすることはありません。

 

さらに、エビやカニといった鮮度抜群の海鮮まで乗った

超贅沢なのが、仙台の冷やし中華なのです。

 

醤油だれがごまベースのたれかチョイスすれば、

あなただけのオリジナル冷やし中華が完成します。

 

冷やし中華好きでなくとも垂涎の一品ですよ。

 

さいごに

 

りょうこ
私、お二人の考えてること当ててみましょうか?

のぞみ&あゆみ
??

りょうこ
牛タンもいいけど、冷やし中華もいい。ああ悩ましい!

 

あゆみ
まあ、だいたい当たってるかなあ

のぞみ
筋は悪くないんだけど、ちょっとね。何か足りない。

りょうこ
なんだろ?(汗)

 

あゆみ
そりゃあ…ねえ、のぞみさん!

のぞみ
はいな!りょうこさん、降参する?

りょうこ
(お手上げ~)

 

あゆみ
せーの!

のぞみ
お酒!!!

 

りょうこ
なるほど!笹かまぼこで一献。そして牛タンでも一献。冷やし中華にも・・・あれ、ずんだは??

のぞみ
ずんだはねえ、枝豆だからねえ。

あゆみ
ビール!

りょうこ
全く抜かりが無い!www

 

おすすめの記事