主婦におすすめの焼き鳥の部位ランキング5

おいしくて、安くて、ヘルシーで美容にも良い焼き鳥は、

主婦の定番の居酒屋メニューの1つであると言えます。

 

今回は、そんな焼き鳥の中でも主婦にこそ

おすすめしたい部位をランキング形式でご紹介したいと思います。

 

第5位:むねみ&ささみ

第5位 ささみ&むねみ

まず、第5位に登場するのは「むねみ」です。

 

いわゆる、鶏胸肉を焼いたもので、

タレ焼きでも塩焼きでもおいしくいただくことができます。

 

ただし、もともと鶏胸肉に付いている「皮」は

ほとんどの焼き鳥屋さんでは外しています。

 

そのため、食感としては胸肉独特のパサつきを感じやすく、

もも肉を使ったネギマやねぎ身と比べると、

少々物足りないようにも思われるかもしれません。

 

ですが、主婦にうれしいポイントとして、

むねみは、低糖質低カロリー高タンパク質であることが挙げられます。

 

すなわち、食べながらダイエット効果があるわけです。

 

よくアスリートの方などは、この鶏胸肉に含まれる

「ペプチド」と呼ばれるアミノ酸を補給するために

日々の食事で欠かさず食べているそうですよ。

 

おいしくキレイを手に入れるなら、迷わずむねみを選びましょう。

 

第4位:せせり(ネック)

第4位 せせり

地域によって、お店によってその呼び方はいろいろありますが、

メジャーなところで、「せせり」「ネック」「首皮」などと言われています。

 

にわとりは、首を前後に動かす動作が多いだけでなく、

エサを食べるときにも、首の筋肉を動かし続けています。

 

したがって、せせりは適度な筋肉質と適度な脂質が

バランスよく含まれた部位だと言えます。

 

噛みごたえもさることながら、皮の脂質の甘みが絶妙なので、

リピートする人が絶えないメニューともなっています。

 

よく噛んで食べるので、少量でも満腹感を得ることが期待できますし、

焼鳥の中でも脂がおいしいのに太りにくいところが、

女性に好まれているようです。

 

こんなうれしい効果のあるせせり、あなたも食べてみませんか?

 

第3位:なんこつ

第3位 鳥なんこつ

一言で「なんこつ」と言っても、

じつは鶏には2種類あるのをあなたはご存知ですか?

 

まず、1つは膝軟骨といって、足の付け根に近いところのなんこつです。

 

こちらは、軟骨の唐揚げといったメニューでも

おなじみのいわゆる誰もが想像できるものとなっています。

 

そしてもう1つは、かっぱ軟骨です。

 

ヤゲン軟骨と呼ばれることもあり、

鶏胸肉の中に対を成すようにして存在します。

 

くちばしのような独特の形が特徴的で、

昔は使われることもなく捨てられていたのだとか・・・

 

そんな2種類のなんこつは、いずれもほとんどカロリーがありません。

それなのに、コリコリとしてお酒のおつまみとして佳肴となります。

 

さらに、東洋医学には「医食同源」という言葉があり、

これは、悪いところの部位を食べればその部分の

改善や修復ができるというものです。

 

なんこつには、コラーゲンやカルシウム、ナイアシンやパントテン酸

といった美肌になれる成分がたっぷり含まれています。

 

なので、迷ったときには、なんこつを

チョイスすることが主婦にとっての大正解なのです。

 

ちなみに、かっぱ軟骨は膝軟骨よりも食べやすい硬さなので、

ついつい頬張ってしまいがちですが、形状がとんがっているので、

口の中や喉を傷つけてしまう可能性があります。

 

食べるときには、しっかりよく噛むようにお気をつけください。

 

第2位:砂肝(砂ずり)

第2位 砂肝(砂ずり)

こちらは、鳥類や爬虫類などにしかない備わっていない消化器官で、

「砂肝」とも「砂ずり」とも呼ばれることがあります。

 

ちなみに、正式には「砂嚢(さのう)」と言います。

 

あなたも一度は食べたことがあるのではないですか?

 

砂肝が第2位にランクインしたのには、やはり理由があります。

 

1つは、ヘルシーなのでダイエットに最適なこと、

2つ目は、その肉質!ほぼすべてが筋肉なので

コリコリしていくらでも食べられちゃいます。

 

そして、何より主婦にとってメリットとなるのは、

ビタミンKをはじめビタミンB12、鉄分、亜鉛といった

女性ホルモンのバランスを整えてくれる成分が多いためです。

 

砂肝を食べるなら、あなたは塩ですか?それとも?

 

砂肝ポン酢なる一品小鉢料理もありますが、

砂肝は塩で焼いていただくのがおすすめです。

 

塩をまとった砂肝は、ほんのり汗をかいたような

みずみずしい仕上がりとなりますよ。

 

第1位 レバー(肝)

第1位 鶏レバー

あなたもここまで読んだところで、

1位が何になるのか気になっているのではないですか?!

 

それでは、第1位の発表ですが、はい、レバーです。

 

鶏肝と呼ばれる部位で、お惣菜などでも甘辛く煮たものが

売られていたりするのを見かけることはよくありますよね?

 

レバーが堂々の第1位に輝いた理由ですが、

レバーでしか摂ることのできないビタミンAの存在が大きく関わっています。

 

ビタミンAは、貧血の予防や改善にも効果があるだけでなく、

女性にうれしい美容を促進してくれたり、

アンチエイジングに役立つ効果があるとされているのです。

 

ほかの食材でいえば、ウナギやチーズなどの乳製品にも含まれています。

 

ウナギと同じ効果が鶏の肝で得られるなら、

お安いものだと思いませんか?

 

ただし、ビタミンAは脂溶性ビタミンであり、

過剰に摂取することは身体に負担となってしまいますので、

くれぐれもレバーの食べ過ぎにはご注意ください。

 

ウナギ同様、レバーは、タレ焼きにして

山椒などをふりかけていただけば、間違いありませんね!

 

まとめ

じつは、ご紹介したもの以外だと、

焼鳥であっても高カロリーであったり、

脂質たっぷりで主婦向けではない部位も数々あります。

 

焼鳥ならなんでもヘルシーといった考えは危険極まりないと言えます。

 

おいしく食べて、キレイになれる。

鶏だけに一石二鳥な焼鳥、今夜、あなたもどうですか?

 

おすすめの記事