家事を同時進行する主婦

仕事に育児に家事に、現代社会を生きる女性は、

母として妻としてそして女性として一日中走り回って大忙しですよね。

 

日々ゴールのない家事を、抜かりなく、卒なくこなしているつもりでも、

急な残業や予想外の事態が勃発してしまい、時間が失われてしまうことも少なくありません。

 

そんなとき、家事を時短するには、どんな工夫があるのでしょうか?

忙しさにお嘆きの全ての女性に向けて、お話させていただきたいと思います!

 

家事は同時進行すると時短できます!

家事を同時進行する主婦

家事というと、掃除に炊事、洗濯、日々の買い物などが主なものとして挙げられます。

 

それに加えて、小さなお子さんがいらっしゃる方にとっては

プラスアルファで育児までもが加わってきます。

 

とはいえ、特に比重が大きくなってしまうのは、何を差し置いても炊事だと言えます。

 

なぜなら、 家族は自宅にいるとき、朝昼晩問わず、

食事ができることを当たり前だと思っているからです。

 

主婦は、朝起きて、朝食を作り、お昼のお弁当を準備し、

いってらっしゃいと家族を送り出したら、そこから掃除と洗濯、

さらに一息つく暇もなく、職場へ直行となったりします。

 

そして、仕事が終わったら、スーパーで買い物をし、

帰宅すればすぐに夕飯作りに取り掛からなければなりません。  

 

掃除や洗濯といった家事は、家族の事情に左右されることなく、実行することが可能ですので、

それほど問題にはなりませんが、やはり炊事だけは、

どうしても家族に合わせなければならず、ややこしくなります。

 

 たとえば、パン食の子どもは部活で早朝から出かける、

その後、ゆっくり起きてきた夫へは、炊きたてのごはんとお味噌汁の和朝食、

そして夕方になると、部活帰りでお腹をすかせて帰宅した子どもの夕食の準備を開始、

子どもが食べ終わる頃、夫が帰宅する・・・

 

そうなると、主婦は、常にキッチンで調理に徹することとなり、

何度も何度も、お鍋を火にかけたり、温め直したり、給仕に勤しまねばならず、

自分が食事をすることもままならなくなってしまったりします。

 

というわけで、

1つ1つを別々にしていては全部終わらせることは至難の業となってしまいます。

 

ですから、たとえば、洗濯をしながら、ちょっとずつ各部屋の掃除をし、

その間に食材を調理していくといった同時進行型の

家事にシフトすることで時短をしていく必要があります。

 

ほかにも、ちょっとは家族に協力してもらって、

すでに出来ている料理を自分で温めてもらう、食器を食卓に運んでもらう、

食後は自分で洗い物をして、片付けてもらえるだけでも、主婦は随分救われますし、

これも1つの時短アイデアであると言えなくありません。

 

炊事の時短編

主婦が炊事を時短する

さて、一番負担である炊事ですが、

すべての料理を1から作ったり、味付けをしていたのでは、時短はできそうにないと言えます。

 

そんなときは、すでに配合されている調味料であったり、鶏ガラスープの素、

コンソメや出汁スープ、お鍋の素などを使うこと、そして、あらかじめカットされていたり、

使いやすいサイズになった野菜を使用すること、洗い物が極力出ないよう、

中華など大皿料理やお鍋、混ぜご飯やカレーなどを献立とすると、

随分と手間ひまが効率化され、容易に時短が実現できるアイデアとなり得ます。

 

ほかにも、冷凍食品やレトルト食品であったり、缶詰を利用しても、

それなりに見栄えも味わいもおいしく仕上げることができますのでおすすめです。

 

また、疲労困憊で自炊ができないときには、

コンビニ弁当やデリバリーを利用するのもたまにはアリだと言えます。

 

最近は、お弁当からピザ、ハンバーガーやファミリーレストランもデリバリーしてくれますし、

昔と比べて味も良くなっていますので、きっと忙しい主婦の味方になってくれますよ。

 

一人で全部抱え込まずに、たまにはズボラするのも、一つの時短の工夫と言えますね。  

掃除・洗濯の時短編

主婦が掃除を時短する

掃除や洗濯といった家事は、家族がいなくてもできますので、

なるべく炊事とともに行うことで時短となります。

 

洗濯は、洗濯機のボタンさえ押せば、乾燥まで行ってくれうものもあり、

その間はほかの掃除をするようにしましょう。掃除も、一度に根を詰めてしまうのではなく、

毎日ちょこちょこ行っておけば、イヤになったり、ストレスを感じることが少なくなりますのでおすすめです。

 

最新家電が使える環境にある方であれば、お掃除ロボットなる主婦の強い存在もありますので、

時短のために一度使ってみるのも一つの時短のための工夫だと言えそうです。

 

目から鱗が落ちるような感動を覚え、もうロボットなしの生活に戻れなくなってしまうかもしれませんね。

 

さらに、炊事の次に大変な洗濯ですが、

干してある物を取り込み、洗濯機が洗ってくれた衣類を干すだけなのに、

どうしてもエネルギーを奪われがちとなってしまいます。

 

とくに、夏は日差しが強かったり暑かったり、冬は冬で寒くて手が冷たいといったデメリットがあります。

 

そこで、お洗濯を時短できるアイテムとして、

100円ショップの便利グッズをご紹介させていただきます。

 

100円ショップでは、衣類に応じたハンガーが販売されていますので、

それらを使うことで簡単に時短洗濯ができます。

 

具体的には、部屋の中で先にそれぞれのハンガーに干してしまい、

あとは物干し竿にザザーッとかけていくだけでOKです。

 

取り込むときにも、洗濯バサミなどを外す手間もなく、そのまま取り込んで、

ハンガーのまま収納も可能で、効率的であると言えます。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

家族のためとはいえ、いつも主婦は家事に全力疾走しています。

そのように常に自分に鞭を打って無理をしていては、

いつかはストレスが溜まってダウンしてしまう可能性も否定できません。

 

そんなことにならぬよう、なるべく時短を意識して取り入れることによって、

無理なく家事を楽しむことも、今後も主婦業をこなしていく上では、大切なポイントと言えそうですね。

おすすめの記事