生後2か月の赤ちゃんの画像

生後2ヶ月といえば、

ある程度夜にぐっすりと眠ってくれるようになる赤ちゃんがいる一方で、

まだまだお昼間も含めて1日に3回ほど、

寝たり起きたりを繰り返す子もいることで知られています。

 

生後1ヶ月の頃よりは体重も増えてきていますので、

なかなかおんぶしたり、抱っこしながらの家事は困難を極めることでしょう。

 

無理をすれば、ママがヘルニアやギックリ腰になってしまうだけでなく、

赤ちゃんが落下するといった危険性も伴います。

 

そんなとき、どういったやり方で家事をこなすことがベストなのか、

できる家事とできない家事を分けて考えてもいいのでしょうか?

 

今回は、生後2ヶ月の赤ちゃんをお持ちの方に向けて、

家事別のおすすめのやり方と気をつけておきたいポイントについて

お話させていただきたいと思います。

 

お部屋のお掃除全般は午前中がおすすめ!

赤ちゃんがいる家の家事は午前中にする

生後2ヶ月の赤ちゃんは、

午前中にすやすやと、気持ちよさそうに眠ってくれることが多いものです。

 

というのも、午前中は気温が適温で、安心感があるため、

赤ちゃんが眠りやすいコンディションが

整えられているからだと考えられています。

 

そんなスキマ時間を縫って、できる家事といえば、

もちろんお部屋のお掃除全般です。

 

ゴミをまとめるだけでなく、掃除機をかけたり、

フローリングを磨いたり、できることはたくさんあります。

 

もしも、お掃除の最中に、

物音によって赤ちゃんが目を覚ましてしまったとしても、

ママはすぐそばにいるよということを伝えることができれば、

安心感を与えることができますので、滞りなく家事を遂行することができます。

 

泣かせていても大丈夫!炊事・洗濯は同時進行がベター!

炊事洗濯に勤しむ主婦

生後2ヶ月の赤ちゃんは、ママと片時も離れたくないと言わんばかりに、

とにかく泣きじゃくって、頻繁にママを困らせるものです。

 

そのため、幾度となく家事を中断して、赤ちゃんを抱っこしてあげたり、

なだめなければならないと考えている方も、

少なくないのが現実ではないでしょうか。

 

ですが、そんなとき、少し心を鬼にして、赤ちゃんが泣いていても、

声をかけることだけに留めておき、家事を卒なく遂行するのがベターです。

 

そうすると、赤ちゃんもとりあえずは、

近くにママがいてくれているということが分かりますので、

しばらく泣いていても、そのうち泣き疲れて眠ってしまうことでしょう。

 

そうとなれば、こっちのものです。

 

あとは、できる限りの家事に存分に従事すれば良いのです。

 

泣いている赤ちゃんを放置したからといって、

親失格ではないかなんて考えるのは、

あまりにも神経質な発想ですので、どうかご安心ください。

 

買い物に行くのは、ご機嫌な時が狙い目!

ベビーカーを押して買い物に行く主婦

外出先で、赤ちゃんにギャン泣きされてしまうことは、

ママが最も避けたいシーンではないでしょうか。

 

そんな場面を極力回避するために、

おすすめなのが生後2ヶ月の赤ちゃんがご機嫌な時に

お買い物を済ませてしまうことです。

 

なんとなく、今日は朝から機嫌がいいなと

思ったときには即実行あるのみ!、買い出しに出かけましょう。

 

抱っこしてでもおんぶしてでもいいですし、

ベビーカーに乗せてもOKです。

 

家事と育児を両立させるためのコツは、

とにかく訪れるチャンスをすべてモノにすることである

と言ってしまっても過言ではありません。

 

バウンサーを使用することによって目の届くところで出来る家事って?!

バウンサーに乗った赤ちゃんのイラスト

生後2ヶ月ともなれば、十分バウンサーを使えます。

 

バウンサーに乗せた状態で目の届くところで家事をこなすことで、

ママの負担はかなり軽減されることでしょう。

 

具体的には、キッチンで調理しながらバウンサーに乗せた

我が子を見守ってあげたり、アイロンがけや拭き掃除をしつつ、

バウンサーの赤ちゃんを時折覗き込んであげるといったことが

赤ちゃんを安心させてあげることにつながります。

 

特に、生後2ヶ月ともなれば、

じきに首がすわってくる時期になりますので、

バウンサーによるトラブルもほぼないと言えます。

 

洗濯はまとめてやると効率がいい!

綺麗にたたまれた洗濯物の写真

生後2ヶ月の赤ちゃんがいるママにとって、

一番困る厄介な家事が洗濯です。

 

とくに、洗濯物を干したり、たたんだりという行為は、

なかなか赤ちゃんのそばで行なうことができず、

どうしても赤ちゃんを放置してしまいがちになってしまうからです。

 

そんなときにおすすめしたいのが、とにかく洗濯は、

溜めるだけ溜めておいて、まとめて一気に洗ってしまうという方法です。

 

そうすることによって、毎日洗濯しなければならない

といったルーティンから解放されるだけでなく、

一度に終えることができますので、赤ちゃんを不安な気持ちに

させる機会も少なくすることが可能です。

 

まとめ

生後2ヶ月の赤ちゃんは、生後1ヶ月の赤ちゃんと比べて、

多少はママの思うように行動してくれるところがありますが、

それでも全てが思い通りになるということはありません。

 

だからこそ、ママにとってもストレスにならないよう、

家事と育児を両立させる必要があるのです。

 

生後2ヶ月の赤ちゃんがいれば、

子どもができる前と同じだけの家事をこなそうとすれば、

並大抵の努力ではなかなか実現不可能だと言えます。

 

ですから、そのあたりは、

多少甘えであるとかズボラであると言われたとしても、

自分なりのマイルールによって、できること・できないことを

はっきりと線引きして、できることだけに情熱を傾けるべきであると思われます。

 

あなたが思っている以上に、生後2ヶ月の赤ちゃんがいる

ママが家事をするということは、とってもスゴいことなんですよ!

 

おすすめの記事