主婦が稼ぐ方法って?その平均額と収める税金について

主婦は何かと日常生活が慌ただしくて、外に働きに行こうにもなかなかまとまった時間が取れなかったり、

就業先の希望通りのシフトを組むことが難しかったりしますよね?

 

とはいえ、何とか主婦業と両立できる副業をしたいと思っている方に向けて、

今回は、

主婦が稼ぐ方法って?その平均額と収める税金

についてと題したお話をさせていただきたいと思います。

 

主婦が稼ぐ方法はパート?副業?みんなどうしてるの?!

主婦が稼ぐ方法はパート?副業?みんなどうしてるの?!

ただでさえ大変な毎日で、ゴールのない主婦業ですが、

それに加えて小さなお子さんがいるママさんは、育児もプラスアルファでこなしていかなければなりません。

 

子どもを預けて働きに行っても、結果的に保育の費用がかさんでしまって、

一体何のために働きに出ているのかといった元も子もなくなってしまう事態に陥ってしまったりします。

 

そこで、そういった矛盾を解消するために、

まず最初に考えるべき主婦が稼げるおすすめの方法は、

自宅で簡単に空いた時間に作業できるようなタイプのお仕事が挙げられます。

 

具体的には、アフィリエイトといったblogなどに広告を付けたりすることで安定した収入を得ることが考えられます。

 

これらは、一度設置しておくと、知らない間にどんどんアクセス数に応じて報酬が発生していきますので、

いわゆる「不労所得」のような扱いとなり、大変重宝します。

 

こういったblogを更新するといったお仕事もありますので、

気になった方は、クラウドソーシングサービスサイトでチェックしてみてください!

 

また、コツコツ作業することも厭わないのであれば、アンケートやモニターサイトに登録して、

それらのタスクを1つ1つこなしていくこともおすすめです。

 

普通預金の金利以上の金額を毎月々稼ぎ出すことができます。

 

ほかにも、ライティングといった記事作成であったり、ネットショップの運営、

自宅にいながら事務アシスタントや秘書、アンケート調査に回答していく作業や、

テレアポスタッフとして働くといった道もあります。

 

その場合には、最低限時給が発生するので、成果報酬と比較してもより毎月稼ぐことが可能となります。

 

ほかにも、ミステリーショッパー等といったコンビニやチェーン店の覆面調査をすることで、

飲食物といった利益だけでなく、しっかり報酬を受け取ることのできるサイトもありますので、

登録することがおすすめです。

 

もっと高単価なお仕事がしたいということであれば、ライブチャットであったり、

FXなどデイトレード、自作のアクセサリーやグッズを販売する、

あるいはオークションサイトで不要になったものを処分する、

ホームテストと題した今後販売される商品を評価するという仕事も実があると言えますので、

前向きに検討していくべきです。

 

なぜなら、今の御時世、自分で資産運用しない限り、

誰もお金を稼ぐ方法も手段も教えてくれることは決してないからです。

 

実際に主婦がどのくらい稼いでいるか

主婦はどれくらい稼いでいる?

一般的な内職といえば単価0.1〜1円が相場であり、これを時給換算すると約200円〜300円となります。

 

パソコンの作業であれば、1件10円〜100円、専門的なものであっても、時給1,000円位となります。

 

一日4時間程度、週に5日その程度の仕事をしたとしても、月収としては、2~3万円にしかなりません。

 

とはいえ、在宅ワークで毎月々10万円以上稼いでいる主婦がいないわけではありませんし、

デキる人ならば、30万円以上、100万円近くも報酬を得たり、

稼いでいる人もいるというから驚かされてしまいますよね。

 

結局のところ、やり方次第で青天井であり、すべては時間の使い方にかかっていると言えなくもないわけです。

 

あなたのがんばりが認めてもらえることによって、

時給や単価をアップしてもらえることも期待できますし、

さらなるお仕事を受注することも期待できると言えますよ!

 

稼ぎのある主婦にかかってくる税金って?

税金で苦しむ主婦

ソーシャルワークや在宅ワークで稼いでいる場合、

クライアントから源泉徴収をしてもらえることはほとんど期待できません。

というよりも、源泉徴収してもらえるほど一人のクライアントに依存した労働環境はあり得ないと言えるからです。

 

すなわち、その場合、自分で自己申告することによって、

税務署に収入を届け出て、納税する必要が出てきます。

 

そのときかかってくる税金は、いわゆる所得税になります。

 

事業所得として挙げても、雑所得として挙げても良いでしょうが、

最大限の控除を受けたいのであれば、青色申告がおすすめです。

 

ただし、青色申告には、帳簿を付けたり、必要な資料を全て添付して確定申告する必要があり、

難易度が上がってしまいます。さらに、夫が会社員である場合には、

配偶者として受けられるメリットを捨てなければならない可能性もありますので、

ご自身のシチュエーションを想定してみることが肝心です。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ともすれば、家計の足しにすることもできる主婦のスキマ時間でできる副業ですが、

働いたことによって逆に税金がかかってしまうという矛盾が生じることがないわけではありません。

 

現金への還元ではなくとも、ポイントであったり、

現物といった商品に換えることのできるサービスもありますので、

ご自身のニーズにあった稼ぎ方をして、なるべく節税していきたいものですね。

 

以上、主婦が稼ぐ方法って?その平均額と収める税金についてのお話でした。

おすすめの記事