クラウドソーシングで稼ぐ主婦

電車での移動時間、

空いたスキマ時間にスマホゲームを楽しんでいるそこのあなた。

 

ちょっとの合間でお小遣い稼ぎができるとあれば、うれしくありませんか?

 

今回は、今ちまたで話題となっているクラウドソーシング、

でもやり方が分からないといった方に向けてお話していきます。

 

クラウドソーシングって具体的にどういうもの?

クラウドソーシングとは、いわゆるアウトソーシングのクラウド版

(インターネットを介するのでいつでもどこでも誰でも参加が可能)のことです。

 

初期費用などがかかることもないので、安心してはじめることができます。

もちろん、スマホやパソコンといったデジタルツールが必須となります。

 

クラウドソーシングを利用するメリット・デメリット

さて、それでは、ここからは、クラウドソーシングを利用することによって

生じるメリットとデメリットについて見ていきたいと思います。

 

■クラウドソーシングのメリット

  1. 自分の都合の良い時間でできるので子育て中でも安心
  2. 通勤など移動時間がかからない
  3. イヤな仕事は受けなくてもいい&お断りできる
  4. すき間時間に作業ができる
  5. 匿名でも仕事ができる&履歴書なども不要

 

■クラウドソーシングのデメリット

  1. クラウドソーシング会社への手数料が大きい
  2. 銀行振込手数料がかかる
  3. お互いに顔が見えないので相手を信用するしかない
  4. 自分で確定申告する必要がある
  5. 収入が不安定
  6. 誰でもできるものとそうでないものがある

 

どんなお仕事かにもよりますが、センスがなければいけなかったり、

技術やスキル、モチベーションが必要な根気のいる作業もたくさんあります。

 

また、自由であるがゆえ、

きっちりと仕事管理を自分でできなければ、

クライアント様にもクラウドソーシングサイトにも

多大なる迷惑をかけてしまうことにもなりかねませんので、

細心の注意を払わねばなりません。

 

また、ネーミングコンペなどに多数応募し、

提案が採用された場合には、驚くほど収入がアップしますが、

その分だけ、確定申告のときに支払わねばならない税金も増えることになります。

 

クラウドソーシングサイトに登録しよう

クラウドソーシングに登録しよう

そんなクラウドソーシングをはじめるなら、

まずはサイトに登録するところからはじめてみましょう。

 

いろいろなクラウドソーシングサイトがありますので、

あなたの好みや要望に合うサイトを探してみてください。

 

もちろん、複数登録だけしておいて、

実際に使いやすいと思ったサイトをメインに利用していくのも、

理にかなった使い方だと言えそうです。

 

個人情報や写真もなるべく掲載するようにすることで、

よりあなたに対する信頼度が増し、

お仕事を依頼したいと思うクライアント様を増やすことにつながります。

 

タスク・コンペ・プロジェクトって何?どういう違いがある?

クラウドソーシングサイトでタスク・コンペ・プロジェクトの違い

クラウドソーシングサイトによって、

呼び方や定義はさまざまかとは思いますが、私が利用している、

「クラウドワークス」や「ランサーズ」といったサイトですと、次のようになります。

 

まず、タスクは、人数や期限が指定されており、

それまでの間であれば、誰でも参加が可能なお仕事のことです。

 

主に、ライティングやアンケート調査などが多く、

一つの作業に対する単価が低い傾向があります。

 

次に、コンペですが、こちらは文字通り「競い合う」ことによって、

最終的に採用された人に、仕事をする権利であったり、報酬が与えられるものとなります。

 

ネーミングコンペであれば、採用されただけで報酬がいただけますし、

どういった仕事をいくらで、いつまでに受注可能かといった

提案に対してのコンペであれば、その後、実際に作業をし、

納品するといった手順を踏むこととなります。

 

実際に作業をする&納品完了報告をする

クラウドソーシングサイトで納品する方法

実際に作業をする場合、

クライアント様の指定の条件を満たす必要があります。

 

たとえば、ワード形式での納品であったり、

文字数に指定があることも珍しくありません。

 

ほかにも、ネーミングコンペであれば、

特許庁商標登録が可能なものやドメインが取得できることなど

事前に依頼があれば、調べておく必要があります。

 

そして、定められた納期までに作業した仕事を納品し、

その完了報告を行っておきましょう。

 

その後、クライアント様で確認、検収といった作業を経たのち、

報酬が確定し、支払われることになります。

 

なお、作業前に注意したい点として、

クライアント様からの仮払い前に作業をし、納品しても、

そのまま報酬が受け取れなくなる可能性があることです。

 

したがって、仮払いが完了したのを確認した上で

作業&納品をするようにしてください。

 

待ちに待った報酬をゲットするとき気をつけるべきこと

クラウドソーシングサイトで報酬をもらう時に気を付けること

実際に仕事をして、納品し、クライアント様がOKを出してくれれば、

やっと報酬をゲットすることができます。

 

ただし、クラウドソーシングサイトへの利用手数料と

銀行への振込手数料が別途発生してきますので、気をつけておきましょう。

 

また、銀行振込手数料を抑えるポイントとしては、

なるべくまとまった金額になってから、

一気に振込依頼をすることが大切だと言えます。

 

毎月振込してもらうより、最大六ヶ月程度であれば

キャリーオーバーしてもらえるところがほとんどですので、

半年に一回程度払い出しをするのがおすすめです。

 

まとめ

まだまだ馴染みがあるようでないのがクラウドソーシングです。

 

安倍政権になってから働き方改革が推進されてきていますが、

クラウドソーシングという働き方が主流になる日もそう遠くはないと思われます。

 

今ならまだ間に合います!クラウドソーシングをするかどうか迷っているあなた、

ぜひこの機会にチャレンジしてみるのも悪くないですよ!

 

おすすめの記事