生理で家事ができない主婦

人によっては、生理期間中は気分が憂鬱になるだけでなく、

出血量が多く貧血になってしまったり、身体の不定愁訴が尽きず、

にっちもさっちもいかないことがあります。

 

生理痛の重さもそれぞれありますし何よりも無理は禁物であると言えます。

 

とはいえ、家事はちゃんとこなしたいという思いもあるものですよね?

 

今回は、生理で家事ができないと思ったときデキることは

何であるかについてのお話をさせていただきたいと思います。

 

生理痛には鎮痛剤が即効性アリ、それでもだめなら病院へ!

生理通には鎮痛剤を使うべし

とりあえず、この痛みから解放されたら、家事を難なくこなすことができると

お思いであれば、迷わず鎮痛剤を服用することをおすすめいたします。

 

即効性があるだけでなく、気持ちも楽にしてもらうことができるからです。

 

とはいえ、

生理痛専用のものから、あらゆる痛みに効果のあるものまでさまざまで、

その効き目の強さや作用時間にも違いがありますので、

自分にあった薬を選ぶようにしてください。

 

ほとんどは眠気が起こりませんが、

薬によっては、ボーッとしてしまうものもありますので、

事前に薬剤師などに聞いておいたり、使用説明書をしっかりと読んでおきましょう。

 

また、効き目の強いものは食後に服用しなければ胃腸を荒らす原因

になってしまいますので、その点についても注意を払ってくださいね。

 

なお、薬を飲んでも、いつも同じ状態だったり、改善の兆しがないだけでなく、

だんだんと生理痛が重くなっていくといった方は、一度婦人科の門を叩いてみてください。

 

その生理痛の影には、大きな病気が隠れている場合もあります。

 

早期発見・早期治療によって、最悪の事態を回避することができます。

 

また、生理そのものを軽くする方法(ホルモン投与や低用量ピル)もありますので、

一度相談も兼ねて、専門医の元を訪れると良いですよ。

 

ナプキンだけでは不安ならタンポン併用も

ナプキンだけで不安ならタンポンも使う

運動部で激しいスポーツをしてきた女性であれば、抵抗なく使用している方が

少なくありませんが、タンポンを使うことによるメリットもあります。

 

最近のタンポンは、使いやすいプラスティック製のアプリケーター

が付いていますので、初めての方でも失敗することはありません。

 

動いても、経血の漏れや嫌な不快感がないので、

家事をするとき、生理中であることさえ忘れさせてくれます。

 

また、タンポンの副効果として、

生理を比較的早く終わらせることができるといったことも期待できます。

 

貧血気味なら鉄分とビタミンBなどを補給してみて

生理で貧血気味の女性は鉄分を補給しよう!

貧血によって、家事を行うことができないとお嘆きの方には、

ぜひ鉄分(ヘム鉄)とビタミンBを補うことをおすすめいたします。

 

というのも、どちらも女性には不足しがちな

栄養素であるだけでなく、必要不可欠なものであるからです。

 

ほかにも、女性ホルモンに類似していると言われる

「大豆イソフラボン」も生理痛や生理そのものを軽くしてくれるものです。

 

食事から摂取することが難しいときには、サプリメントを利用することも良いですよ。

 

全部こなそうと思わなくていい。軽い家事だけでOK

辛い生理中は軽い家事だけでもOK

どうしても身動きするのもはばかられるといった状態であれば、

なにも無理して生理中に家事を行う必要はありません。

 

あなたが一人暮らしであれば、もちろん誰に気兼ねすることもありませんが、

家族がいる人であっても、そのことを理解してもらうことは難しくないと言えるからです。

 

誰でも体調不良で寝込んでしまったり、具合が悪くてお休みすることがあります。

 

それは主婦であっても変わりはなく、当然お休みしても問題ありません。

 

会社でも「生理休暇」という制度があって、

生理を理由に仕事ができないことを認めてもらえることは当然のことであり、

家事労働についても同様のことが言えます。

 

だからこそ、生理期間中は、できることだけ、

ちょっと行うというやり方でも全然ありですよ!

 

生理が終わってからまとめて頑張る

ぐったりする猫

とにかく生理期間中は、微動だにしたくないといった方は、

もう諦めて、家事は全部スルーしてしまいましょう。

 

病気を背景とした生理痛もありますので、

そういった方は、特に周囲からの理解を得ることができます。

 

生理期間は、長くても一週間程度ですので、その分の家事は、

生理が終わったあとでも、十分にリカバリーすることが可能です。

 

そもそも、一週間程度の旅行に出かけることだってありますよね?

 

ですから、旅にでも出たと思っておけば、罪悪感や

家事をサボっているといった後ろめたさは簡単に払拭できますよ!

 

もちろん、代わりに家族が家事を行なってくれる場合でしたら、

ぜひ機会に乗じて甘えてしまってもいいのではないでしょうか?

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

生理は病気ではないからと軽く見られがちではありますが、

PMSといって気分障害が起こったり

人によっては、犯罪に手を染めてしまうこともないわけではありません。

 

それくらいに精神的にも肉体的にも、

ストレスとなるだけでなく、辛く苦しいものだからです。

 

たかが生理と思って、一人で気負ってしまって、無理をするのではなく、

この期間だけは、神様がお休みしなさいと言ってくれていると考えて、

自分をいたわってあげることも大切となります。

 

女性にしか分からない、しかも個人差のある生理のお悩みを、

誰に理解してもらうには、恥ずかしさもあり、困難を極めるかもしれません。

 

とはいえ、臆することなく、自分の辛さをアピールして、

可能な限り時短にできるだけの家事をしておくことで、及第点とし、

ご自身を甘やかしてあげてもいいと思います!

 

以上、今回は、生理で家事ができないと思ったときデキることって?

と題してお話させていただきました。

 

おすすめの記事