節約料理で家計を楽に

今の御時世、毎月毎月物の値上げニュースばかりが取り沙汰されており、

どうやりくりをしてみても、なかなか節約を実現することが

難しくなってきているのは、誰の目にも明らかですよね?

 

だったら、贅沢はしない、節制するという緊縮財政を

家計に取り入れてみても、どうしても必要となってくるのが、食費です。

 

そんな食費を浮かせることができれば、貯金に回したり、趣味や娯楽、

ファッションにお金を回すことも不可能ではありませんので、

 

今回は、

節約料理のボリュームを出すには?!節約におすすめの料理献立備忘録!

と題したお話をさせていただきたいと思います。

 

ぜひご家庭で取り入れることで、節約生活を実現させてくださいね!

 

節約料理その1 丼ぶりものは、コスパ最強!

丼ぶりものは、コスパ最強!

ごはんを盛り盛りとよそって、その上から具材をかける丼ぶりものは、

やはり最強のコスパとなり、他の追随を許さないボリューム満点の節約レシピとなり得ます。

 

具体的には、玉子丼や親子丼、かまぼこをあしらった木の葉丼や、

アレンジレシピとしての、カニカマを使ったカニカマ丼、

豚バラ肉を香ばしく焼いてトッピングした豚丼なども、

比較的リーズナブルに作ることができ、作業工程も簡易であり、

調理時間もかからないのでおすすめです。

 

ほかにも、おつとめ品としてお安くなっている野菜をレンチンして、

その上にサバ缶や焼鳥の缶詰を乗せるだけでも、れっきとした丼ぶりになりますので、お試しください!

 

>>節約丼のレシピを見る(クックパッド)

 

節約料理その2コスパで言えば、パスタだって負けてない!

コスパで言えば、パスタだって負けてない!

やはり、米の次にコスパが良いものといえば、パスタが挙げられます。

 

パスタは乾物であるため、日持ちがすることも特徴となっており、

安いときに大量に購入しておくことであらゆるレシピに使うことができる節約界の万能選手と言えます。

 

そのままパスタとして、ソースと絡めてスパゲッティで味わうのも良いですし、

グラタン風にして、野菜やソース、チーズを合わせて、

オーブンで焼き上げるだけでも、ボリューミーな一品が完成します!

 

ほかにも、ポテトサラダを作る要領で、大量にサラスパを作っておけば、

お弁当に入れることもできますし、作り置き食材としてしばらくの間食べることができます。

 

お酒のおつまみにもいいですし、小腹満たしにもうってつけです。

 

>>節約パスタレシピを見る(クックパッド)

 

節約料理その3 ヘルシーなもやしを利用して正解!

ヘルシーなもやし料理で節約生活

節約ボリュームレシピに欠かせない食材として

常に上位に食い込んでくるのが、もやしです。

 

もやしは、少量であれば20円程度、通常の量であれば30円前後、

また根切りしてあったり、ブランドものであっても60円程度で購入することができますので、

節約生活を実現するときには看過することのできない食材となっています。

 

そんなもやしは、栄養価がないと言われがちですが、じつはそんなことはありません。

 

ビタミンやカリウムなどを含んでおり、野菜不足を解消することにも一役買ってくれるのです。

 

おすすめは、ごま油で和えたナムルや、カレーパウダーとともに炒めたもやし炒めです。

 

ただし、もやしは日持ちがしないので、なるべくなら買ったその日のうちに食べきってしまうようにしましょう。

 

冷凍もできますが、風味や鮮度の劣化が激しく、

次に食べるときには、かなり残念な気持ちになってしまいます。

 

>>もやしを使った節約料理レシピを見る(クックパッド)

 

節約料理その4 豆腐と豚バラと大根はヘビロテ必須!

豆腐と豚バラと大根を使った節約料理

麻婆豆腐をはじめ、冷奴に湯豆腐とどんな食べ方でもできる豆腐は

おすすめのボリュームのある節約食材であると言えます。

 

そこに豚バラ肉を加えるだけで、適度な脂質が得られますので、

満腹感が期待できるのでおすすめです。

 

豚バラ大根もいいですし、豚バラと豆腐のおでん風煮込みもおすすめです。

 

そこに、かたくり粉でとろみをつければ、一層ボリューミーとなるので、お試しいただければと思います!

 

>>豆腐・豚バラ・大根を使った節約料理レシピを見る(クックパッド)

 

節約料理その5 最後の切り札!完全栄養食のたまごを使わねば!

完全栄養食の卵を使った節約料理

ひよこがニワトリになるための栄養素が全て含まれているたまごは、

昔はコレステロール値を気にして食べすぎてはいけないと言われていましたが、

今では考え方が変わって、いくら食べても問題ないとされています。

 

そんなたまごは、日々価格が変動することでも知られており、

安いときには、LLサイズ10個で100円を切るときもあります。

 

安いときにまとめ買いしておけば、日持ちもしますので

節約レシピを実現することが可能となるので、何かと重宝しますよ。

 

そのまま卵焼きにしてもいいですし、ゆで卵もおいしいです。

 

また、うどん等麺類と合わせて茶碗蒸し風の小田巻き蒸しを作ってもいいですし、

たまごの黄身と白身を分けて、それぞれ泡立てて最後にさっくり混ぜた

その名もたまごだけオープンブレッドを作るのもヘルシーです。

 

ほかにも、豚バラと合わせたとんぺい焼きや、

納豆や豆腐に付け合わせとして卵黄をトッピングするのも、味わい深くておすすめです。

 

なかでも、最強の節約レシピは、もやしと卵の炒めものです。

 

これであれば、30円程度で一食が完成しますので、

お給料日前のピンチのときにもほとんどお金をかけることなく

お腹いっぱいになることができますので、大変重宝しますよ!

 

>>たまごを使用した節約料理のレシピを見る(クックパッド)

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ボリュームのある食事を食べたいけれど、

食費にそんなにお金をかけられない・かけたくないという人も少なくないと思います。

 

そんなとき、ついついコンビニに頼ってしまったりすることなく、

スーパーで安くて大量に購入できる食材をゲットして、

自分なりの味付けをして自炊することにより、節約生活を楽しむことがおすすめです。

 

自分で料理することで、添加物などの心配もなく、衛生面でも安心でき、

充実した食生活を送ることができ、知らない間に、節約ができるのも、うれしいポイントです。

 

以上、節約料理のボリュームを出すには?!節約におすすめの料理献立備忘録!についてのお話でした!

おすすめの記事