魚を使った料理で節約!おすすめの節約レシピ魚編!

魚料理といえば、どうしても食材の費用がかさんでしまうことから、

コストパフォーマンスが悪くなってしまうことが懸念されてしまいがちですよね?

 

今後ますます、海洋汚染が深刻化していくことによって、

魚介類が安くなる可能性はほとんどありませんし、

養殖ものとなっても、それなりにお値段が張ってしまいます。

 

とはいうものの、カルシウムやDHA・EPAといった栄養素を摂取する目的だけでなく、

おいしいものであるから、魚料理を食べないわけにはいきません。

 

今回は、

魚を使った料理で節約!おすすめの節約レシピ魚編!

といったテーマでお話させていただきたいと思います。

 

青魚は栄養面でもコストの面でも絶対外せません!

栄養価の高い青魚はコストも低くて家計が助かる

イワシやアジ、サンマといった青魚は、

DHAやEPAといった成分が豊富に含まれていることから、

カルシウムの摂取が容易いことでも知られている食材です。

 

しかも、お値段もリーズナブルとあって、日々の食事に積極的に取り入れたい食材でもあります。

 

たとえば、フライにすれば、骨までパリパリと食べることができますし、

苦手意識のあるお子さんにも、タルタルソースなどで味付けしたフライであれば、

喜んでもらうことができます。

 

スーパーの冷凍魚介類を利用しましょう

スーパーの冷凍魚介類を使った節約レシピ

生魚やその日に水揚げされた魚介類は、比較的お値段が高くなってしまう傾向があります。

 

これは、鮮度がよいだけでなく、味わいもおいしいため、致し方のないことです。

 

そんなときには、ぜひ冷凍されている遠洋漁業で穫れるような魚類を利用することがおすすめです。

 

具体的には、アラスカメヌケと呼ばれる赤魚の一種である深海魚であったり、

サーモン、冷凍されているカツオのたたきなどが挙げられます。

 

品質もさることながら、栄養をしっかりと摂取することができますので、

値段に一喜一憂することなく、いつでも同程度のお値段で入手することが可能です。

 

手間じゃない?イワシやアジをおいしく食べる方法

イワシやアジをおいしく食べる方法

イワシやアジは、その下処理が面倒くさいからと敬遠されがちではありますが、

お値段と栄養価を考えれば、絶対に買うべきマストアイテムであると言えます。

 

どちらも、青魚特有のせいごを切っておき、あとはエラの部分から包丁を入れて、

三枚に下ろせば、だいたいの料理・レシピに取り入れる事が可能となります。

 

鮮度の良いものであれば、そのままお刺身としても良いですし、

お味噌や香味野菜であるミョウガや青じそと和えたなめろうとしてもお酒の肴として重宝します、

 

魚のあらは、安いだけじゃない!絶品料理にアレンジ可能!

魚のあらは、安いだけじゃない!絶品料理にアレンジ可能!

お刺身などに利用した残りの部分を「あら」として購入することができます。

 

スーパーなどでは、早いもの勝ちでゲットすることのできるお値打ち食材として人気があります。

 

とくに、鯛やぶり・ハマチや鮭のあらは、煮付けにしてもいいですし、

潮汁として椀物に入れてもアラ汁を楽しむことができます。

 

ほかにも、骨に気をつけることさえすれば、

焼き魚としてもお食事のメインディッシュとすることができ、

栄養価も食べごたえもあるので、重宝すること間違いありません。

 

加工品を利用するとレパートリーが広がります

加工品を利用するとレパートリーが広がります

とはいえ、フレッシュなお魚はそこそこお値段がしてしまうこともあり、

毎日の食事に取り入れることができなかったりします。

 

そんなときでも、安価においしく栄養を摂取できるものが、

魚介類の加工品である、缶詰や干物、かつおぶしなどといった乾物となります。

 

たとえば、かつおぶしですと、お浸しや煮物、

お好み焼きなどの上からふりかけるだけでもミネラルやカルシウムを摂取できますし、

サバ缶やツナ缶も、パンに乗せてトーストしたり、白ごはんに合わせることで、

混ぜごはんとすることもでき、おいしくお召し上がりいただくことができます。

 

ほかにも、干物は、より栄養価が凝縮されていることもあって、

安心安全なだけでなく、余すところなく栄養を取り込むことができるので、

サプリメント以上の効能があると言えます。

 

缶詰はそのまま魚焼きグリルで焼くこともできますし、

ソーメンやおそばと合わせてもボリューム感満点の一品に仕上げることができますので、

ぜひ日々の食卓で活用してみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ともすれば、食費を圧迫してしまいがちな魚介類ですが、

用途やレシピによって、種類を選ぶことによって、よりお安くおいしくいただくことも可能です。

 

魚料理は、手間だし、面倒だし、時間がかかるし、高いからと諦めてしまう前に、

まずは、どういった魚がどのくらいのお値段で販売されており、

どのようなレシピにアレンジすることができるかをチェックしてみてください!

 

そうすれば、思いのほか、魚を食べる機会を増やすことができ、

お子様だけでなくご主人の健康を改善することにつなげることができるだけでなく、

驚くほど節約をすることが可能となりますよ!

 

以上、魚を使った料理で節約!おすすめの節約レシピ魚編! についてのお話でした。

おすすめの記事