お手軽なんちゃって料理だけどおいしく食べて節約する方法をご紹介!

料理は、毎日しないといけないし、

子どもに栄養をあるものを食べさせないといけなくて、憂鬱ですよね。

 

私も、実は、料理はあまり得意ではないんです。

 

とはいえ、子どもがいるので、栄養バランスを考えた食事を作らないと

いけないですが、手軽にできるものは、お店ではたくさん売っています。

 

でも、あまり使いすぎると、かえってお金がかかってしまうこともありますよね。

 

毎日の料理を簡単に、でも、手軽でおいしくできるアイデアをご紹介していきます。

 

レトルト食品を賢く使う

レトルト食品を使用して料理を豪華にする

スーパーには、手軽にすぐできるレトルト商品や、野菜などの

材料に足すだけで、一品すぐに作れるものがたくさん売っています。

 

それらを、一から自分で作るのは、とても面倒だとは思いませんか?

 

レトルト商品を使えば、5~10分で、一品料理があっという間にできてしまいます。

 

時短にもなりますよね!

 

例えば、酢豚を一から作ろうと思えば、

お肉はさいころ型に切って、油で揚げないといけません。

 

また、甘酢のたれも準備が必要ですね。

 

スーパーで売っているレトルト商品を使えば、10分もあればできあがります。

 

お肉は揚げてあり、甘酢たれもついています。

 

野菜を切って、順番にフライパンで炒めていくだけでいいのです。

とても簡単ですよね!

 

食材を多めに入れ、かさ増しする

食材を多めに入れてかさ増しする

先ほど言った、酢豚の例を挙げると、袋のパッケージには、

材料の野菜は、ピーマン2個、たまねぎは1個と書いています。

 

私が作る時、ピーマンを4~5個、たまねぎは、2個使います。

 

野菜を倍の量にするんです。

 

そうすると、野菜をたくさん食べることができますし、

量が増えるので、その日に食べきれなかった時、お皿などに

入れておいて、次の日以降、おかずの一品として使えます。

 

また、ミートソーススパゲッティーを作る時、ベースにレトルトを

使いますが、ただレトルトだけでは、具がとても少ないと思いませんか?

 

私は、かさ増しをして、野菜や肉類をたくさん取りたいので、

こんな作り方をします。

 

まず、フライパンに、

ひき肉と、玉ねぎやピーマンなど小さめに切った野菜を入れ、炒めます。

 

ひき肉と野菜が炒まったら、レトルトのルーと、ケチャップを入れます。

 

しばらく煮込んだら、ゆがいたパスタの麺を入れて、よく混ぜたら完成です。

 

ちょっとひと手間加えるだけで、

ボリュームが増し、食べた満腹感を得られます。

 

これは、肉類、野菜類をしっかりと取れるので、栄養面でもおすすめです。

 

私は、この方法で3人前作ると、ボリュームが増すので、5人分近くの量になります。

 

残った分は、別のお皿にとっておき、翌日の朝ごはんにしたりします。

 

かさ増しして作ると、意外と量が多く、翌日以降のご飯の一品になったりします。

 

ぜひ、作ってみてくださいね!

 

カレーやシチューは、アレンジしてレパートリーを増やす

カレーやシチューをアレンジした料理

シチューやカレーは、ルーひと箱使って大量に作りますよね。

 

2日続いたら、子どもは「またシチュー?」「またカレーなの?」言いませんか?

 

ちょっとしたアイデアで、簡単にリメイクできる技をお伝えします。

 

【シチューを使って、なんちゃってカルボラーナ】

 

シチューに、牛乳・卵・スライスチーズを入れるだけで、

カルボラーナにそっくりな料理を作ることができます。

 

まず、シチューを温めたら牛乳を入れ、

卵とスライスチーズを入れて、よく混ぜたら火を止めます。

 

その時、あまり火を入れるぎると、とろっとした感じがなくなってしまうので、

少し火を通し、全体的に混ざったらすぐ止めた方がおいしいですよ。

 

それができたら、ゆがいたパスタの麺を入れて、かきまぜたら完成です。

 

【カレーを使って、なんちゃってカレードリア】

 

ご飯の上にカレーを盛り付け、スライスチーズをのせたら、

カレードリアの完成ですが、もう少し手を加えて作るならドリアを作るように、

フライパンにバターを入れご飯を炒めてから、カレーをのせるとよりドリアらしくなります。

 

ちょっとひと手間工夫すると、別の料理に変身できちゃいます。

 

これなら、簡単に作れますよね。

時間のない時に、ぜひ作ってみてくださいね。

 

ガスを使う時は、まとめて続けて使う

まとめてガスを使って節約

ガスは、ガスをつける時、かなりのエネルギーを使うと言われています。

 

こまめにガスをつけたり消したり、またつけたりすると、

ガスを多く使うとされているので、ガス料金が余分にかかってしまいます。

 

ガスを使うとき、一気にガスコンロを使って、火を使う料理を済ませてしまいましょう。

 

例えば、一つのコンロでフライパンを使って作るとします。

もう一つは、お湯を沸かしたり、みそ汁やスープなどの汁物を同時に作っちゃいます。

 

両方使う野菜を、ガスを使う前に切って置き、

汁物で使う野菜は、お鍋の中に入れておきます。

 

そうすると、水だけ入れれば、すぐに汁物つくりにとりかかれます。

 

一気に使えば、一度に料理が出来上がりますし、

ガスの元栓やロックをすることも忘れないですね。

 

ガス料金も少し安くなりますし、一石二鳥です。

 

料理をする時、ちょっと気にしてみてくださいね。

 

まとめ

料理を時短で簡単にするコツは、レトルトを上手に使い、

自分なりにアレンジを加えて作ることです。

 

お肉や野菜を多めに入れたり、量が増えた分は、

翌日以降のおかずの一つに使えます。

 

そうすると、翌日のおかずを一つ作らなくて済んじゃいます。

 

カレーやシチューは、ちょっと加えることで、別物の料理に変身します。

 

ドリアやカルボラーナは、子どもが好きなメニューなので喜びますよね。

 

毎日手抜き料理をするわけにはいきませんが、

2~3日に1回やっても、文句を言う人はいないでしょう。

 

時間がない時や、忙しい時、ぜひやってみてくださいね。

おすすめの記事