子育て中に仕事するなら在宅ワークがおすすめ?自由に働きたい人必見!

子育てしながら仕事をしていると困ることってありませんか?

 

私は子供が幼稚園に行き出してからずっとパートで働いてきましたが、

子供が病気になった時は、家で仕事ができればいいのに・・・とよく思いました。

 

子供が小さいうちは、思っているほど自由に働けないというのが現実です。

 

そこで、在宅で働く方法がないかとインターネットでいろいろ調べました。

そして数年前からパートの仕事と掛け持ちしながら在宅ワークを始めました。

 

きっと子育て中のお母さんは、在宅ワークという言葉に興味があると思います。

今日は、私がこれまでに自分らしく働くために在宅ワーク探しに奮闘してきたお話をしたいと思います。

 

私が初めてした在宅ワーク

実は、私は独身の頃、少しだけ在宅ワークをしたことがあります。

 

それは、チャットレディーでした。

 

当時の私は、アルバイトして自分で生活費を払いながら学校に通っていたので、

お金がありませんでした。

 

寮だったので、門限があり、

学校に通いながらこれ以上アルバイトを増やすのは無理でした。

 

そういう時に見つけたのが在宅でできるチャットレディーの仕事でした。

 

ウェブカメラとヘッドセットを買い、

身分証明書を携帯のカメラで撮ってメールで送りました。

 

そして、オンライン面接で無事に合格し、お仕事を始めました。

 

今まで、働くって汗水垂らしながらきつい思いをするものだと思っていたので、

チャットで話すだけでお金がもらえるなんて信じられませんでした。

 

いろんな人がいて、嫌な思いをしたこともありましたが、

いいお客さんも多く、ボンとチップをくれたりなんていうこともありました。

 

夜中に数時間チャットで話すだけで月に数万円稼げました。

 

そして、ある日突然人気ランキング7位に入ってしまい、

バナーに顔がモロに出たのを見て、ドン引きして辞めてしまいました(笑)

 

当時、登録者は1000人くらいいたので、けっこうすごいことだったのかもしれません。

 

主婦になってネットビジネスにのめり込む

子育て中は思っているほど働けなかった

そんな私も結婚し、ネットの世界からは少し離れて普通に会社で働いていました。

 

そして出産を機に仕事を辞め、子供が幼稚園に行き出してからパートで働き始めました。

 

ところが、子供はしょっちゅう病気をします。

その度に、すみませんと頭を下げて休まなければなりませんでした。

 

シフト制だったので、自分で交代も探さなければなりません。

 

他にも、参観や行事でも休む必要もありました。

 

そして、一番困ったのが夏休みです。

夏休みだけ休むことなんてできません。

 

仕方なく夏休みだけ幼稚園に預け、小学生の上の子2人は留守家庭に入れて働きました。

 

留守家庭はそんなに高くないのですが、幼稚園は保育料と別途で預かり代がかかるので、

本当に何のために働いているのかわからなくなります。

働いた分そのまま預かり代に持っていかれる感じでした。

※2019年10月から、私立の幼稚園が無償化されるので、だいぶん負担が減ると思います!

 

数年前に働いていた会社で、子供が順番にインフルエンザになってしまい、

2週間くらい休まなければならないことがありました。

 

やっとよくなって出勤した時に、

「すみませんが、今月いっぱいで。」

と急に首宣告をされたこともありました。

 

会社からすれば、休まれるのは困るというのは分かりますが、

子供も悪くないし、自分も悪くないですよね。

 

その日は上司と目を合わせることもなく、悔しくて一日中泣きながら仕事をしました。

 

そんなことがあって、会社に雇われている限り、自由に働けないと考えるようになりました。

 

そして詐欺商材に引っかかる

私は、在宅でなんとか収入を得る方法がないか、インターネットで調べまくりました。

 

そして、アフィリエイトやメルマガ、せどり、ネットオークションなど、

インターネットで稼ぐ方法がいろいろあることを知りました。

 

そして、まず自己アフィリエイトをはじめて、数千円~数万円くらい稼ぎました。

 

いろんなメルマガに登録して、いろんな情報をかき集めました。

 

そして、アフィリエイトをやろうと思い、とある情報商材を勢いで買ってしまいました。

 

ところが、それを半年くらい続けたのですが、1円しか稼げませんでした。

 

おかしいと思いネットで調べたら、それは詐欺商材で同じように騙された人がたくさんいるようでした。

 

その時は騙されたけど、数万円払っていい経験になったと、なぜか前向きでした(笑)

 

そして、情報商材アフィリエイトがあるということもその頃に知りました。

 

とりあえず外注の仕事をやってみた

それ以来、情報商材は買っていないのですが、

やはりネットで調べただけでは、具体的なやり方が分かりませんでした。

 

これ以上、情報商材にお金を使うわけにはいかないし、

また詐欺だったらどうしようとも思いました。

 

そして、調べている中で、外注という仕組みがあることを知りました。

 

よし、とりあえず外注の仕事をやってみよう!と思い立ち、

クラウドソーシングのサイトに登録してみました。

 

そこで、たまたま見つけたお仕事に応募して、お仕事を始めました。

 

それは簡単な記事作成のお仕事でした。

単純な作業でしたが、1日に更新する記事数が多かったのでとても大変でした。

 

正直、やりたくないと思う日もありました。

 

でも、とりあえず1年は続けようと決めていたので、毎日休まずに頑張りました。

 

ネット上で仕事のやりとりをするのは初めてだったので、不安で仕方なかったのですが、

クライアントの方がとてもいい方だったので、安心してお仕事ができました。

 

そして、その外注の仕事を続けながら、

単純な記事作成ではなく文章を書くライターの勉強をしてみたいと思うようになりました。

 

そして、別のライティングの仕事に応募してみました。

そこは、いろいろ勉強できる環境でした。

 

そして、今もその仕事を続けています。

 

最初に外注の仕事をいただいたクライアントさんからも、

ありがたいことにライターのお仕事をさせてもらえるようになりました。

 

私は、あきらめずに続けてきてよかった!と心の底から思いました。

 

そして、今、私はライターのお仕事を2つとパートの仕事、

計3つを掛け持ちしながら働いています。

 

毎日バタバタで大変ですが、とても楽しく充実した毎日を送っています。

 

まとめ

在宅ワークのメリット
  • 子供が病気の時でも自宅で仕事ができる。
  • 隙間時間に働くことができる。
  • 自分のペースで働ける。
  • 人間関係に振り回されずにすむ。
在宅ワークのデメリット
  • 能力によるが、単価が安い。
  • 自分ひとりなので誘惑に負けやすい。
  • スキルを身につけるまでにコツコツ努力が必要。
  • 時間が自由なのでダラダラ作業してしまう。

 

子育てしながら仕事をするのに在宅ワークはおすすめです。

 

私は、たまたまライターという仕事をしていますが、

在宅ワークといってもいろいろな仕事があるので、自分に合った仕事を探してみるとよいと思います。

 

働けないと嘆くばかりではなく、とにかく行動することが大事です。

 

スキルを身につければ、在宅ワークで稼ぐことは十分可能です。

 

扶養の範囲内であれば、それほどハードルも高くないと思います。

 

私もまだまだ勉強中で、今はパートと掛け持ちしていますが、

のちのち在宅ワークだけで稼げるようになるのが目標です。

 

仕事にはいろんな形があり、

在宅で働く方法もたくさんあるということは知っておくべきです。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

おすすめの記事