シングルマザーが生活費を節約する方法

節約しなければいけない状況であることは重々分かっているにもかかわらず、

なぜか先延ばしにしてしまって、ついついお金を使いすぎてしまい、

いつも貯金に回すような余裕がないと、嘆くことになってしまうことは

一般家庭でもよくあることです。

 

とくに、生活レベルを急に落とそうとしても、

どこをどのように変えればいいのか、見当さえつかないことがあります。

 

シングルマザーが生活費を節約しようと思えば、

その難易度の高さは想像を絶するものがあると思われます。

 

そこで、今回は、生活費を削って節約し、

貯金に回す方法や押さえておきたいポイント、

またシングルマザーだからこそ気をつけたい注意点や

メリット・デメリットなどについてお話させていただきたいと思います。

 

そもそも生活費ってどういうもの?

 

分かったようでいまいち説明しにくいものですが、

生活費とは、一般家庭において生活していくために必要となる

物事にかかる費用全般のことを指しています。

 

たとえば、家賃や食費水道光熱費医療費教育費通信費なども生活費に該当します。

 

減らせる生活費とそうでないもの、その分水嶺とは?

主婦が節約するために重要な事

生活費は固定費と流動費に二分することができ、

固定費の代表格が家賃や通信費などで

ほぼ月額料金が定額となっているもののことを言います。

 

対する流動費とは、交際費であったり、

お祝い、医療費といったものが挙げられます。

 

つまり、生活費を減らそうと思えば、

いつどんな場合に発生してくるか分からない流動費ではなく、

「固定費」と呼ばれているものの割合を下げていく必要が出てきます。

 

シングルマザーが削るべき生活費って?

シングルマザーが削るべき生活費を考えてみる

前述したように、生活費の中の固定費を下げようと思えば、

家賃が高すぎる物件であれば、もっと安いところに転居することも考えるべきです。

 

さらに、水道光熱費も見直すことができます。

 

最近は、

インターネットやスマホといった通信費が高くなっている傾向がありますので、

格安スマホやさらに安いサービスがないかどうか検討していくことが大事です。

 

もっとも、食費を削ることも大幅に生活費を下げることにつながりますが、

健康を害してしまう恐れもありますので、極端な食費削減は避けることがベターです。

 

もしも、病気になってしまって通院するようなことにでもなってしまえば、

たちまち医療費がかかってきてしまい、元も子もありません。 

 

さらに、教育費についても同様に、削るべきではない生活費です。

 

子供の可能性を潰してしまうかもしれないだけでなく、

将来子供が教育を受けさせてもらえなかったということで不利益を被ったり、

コンプレックスを感じることがあっては可哀想だからです。

 

楽しんだ者勝ち?!今からでも無理なくできる節約生活の方法!

シングルマザーが楽しみながら節約生活を送る方法

シングルマザーは、仕事に家事に育児にと日々多忙な暮らしを

送っていらっしゃる方が多いものですが、そんな毎日に節約を強いられて

ストレスを感じるようなことがあっては心身ともに疲弊してしまいます。

 

そこで、節約生活を辛く苦しい試練のように受け止めるのではなく、

これはより楽しく生活するために与えられたギフトなのではないか

と発想の転換をしてみることが肝心です。

 

ともすれば、貧乏くさいと思いがちな行為も、

創意工夫することによって、思わぬアイディアが生まれることもあります。

 

たとえば、お風呂の湯船にペットボトルを沈めておくと

お湯の量が節約できるであったり、料理工程が少なくて済む食事を作れば

安く上げるだけでなく時短までも実現可能となります。

 

一駅二駅であれば歩くことによって

交通費を浮かすことができるだけでなく、健康維持にもつながるのです。

 

「節約生活は楽しんだ者勝ちである」と言われる所以は、こういったところにあります。

 

生活費の節約によって得られるメリットは?デメリットもある?

シングルマザーが節約生活を送るメリットとデメリット

生活費の節約によって得られるメリットは間違いなく

「余ったお金」を「貯金」に回すことができるということです。

 

子供の学費や将来のために積み立てていくこともできますし、

何かトラブルやアクシデントに見舞われたときにも、蓄えがあれば安心です。

 

逆に、デメリットとして考えられることはほぼありませんが、

強いて言えば、交際費でかけられるお金が少なくなってしまうことや

趣味や娯楽も少ないお金で、やりくりしなければならなくなることが挙げられそうです。

 

ですが、悲観するのではなく、友達を自宅に招いて食事をしたり

お茶をすれば交際も大きな負担にはなりませんし、

子供を寂しがらせることもありません。

 

それに、子供とお出かけするのも、

登山をはじめとしたアウトドアにチャレンジしたり、

無料の娯楽施設を利用すれば、どんな場所でも連れて行ってもらって

遊んだ記憶は子供にとって良い思い出となりますので、心配いりませんよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

確かに、シングルマザーが

生活費を節約することは困難を極めるかもしれません。

 

子供が成長していくにつれて、

その分だけ学費や教育費、食費までもが

じわりじわりと家計を圧迫していきます。

 

したがって、大切な子供との生活をいつまでも維持していくためには、

率先して節約生活を行なうことが重要となってきます。

 

今すぐ見直すことのできる生活費はないか、

無駄遣いをしている固定支出はないか、

もっとお金をかけずに済ますことのできる節約行動はないか、

今一度再確認してみることをおすすめいたします。

 

おすすめの記事