全米が泣く程の主婦の節約方法

正直なところ、ネタでも何でもなしに、

節約を徹底している主婦の話を耳にすると

涙なしには語れないものばかりだと言えます。

 

とはいえじつは私も、「聞くも涙語るも涙」な貧乏主婦ですので、

節約が当たり前すぎて、その持ちネタのレパートリーは、

尽きることのないくらいあります。

 

今回は、そんな「超」がつくほど

節約している主婦の実態や日常生活について、

実体験とともに、お話させていただきたいと思います。

 

上を見てもキリがありませんが、下を見ても結構いるのねと、

ぜひ安心材料にしていただけましたら幸いでございます。

 

節約を上手にする方法は主婦ならではのものがあった!

耳にタコができる節約の話

節約なんて言葉は、もう耳にタコができるほど言い古されてきた感がありますが、

節約に奔走する主婦は、あなたが今こうしてこの節約記事を読んでいる間にも、

わが道を突っ走っていることでしょう。

 

たとえば、私の場合ですと、スーパーに買い出しに行くときには、

必ず事前にチラシに目を通しておき、コレとコレを買うと決めたら、

ほかのものには目もくれず、きっちりその日最もコストパフォマンスの

高いものだけの購入をするようにしています。

 

ほかにも、レジ袋の有料化にともない、

マイバッグ持参で約2円程度浮かせることができるので、

レジ袋をもらうことはありません。

 

さらに、小さなポーションの寿司ガリやわさび、お醤油、

それにお肉を買ったときにもらえる牛脂などもこまめにゲットしておき、

保存しておくようにしています。

 

あと、意外なところで、割り箸をもらっておくと、

その袋に入っている「つまようじ」もゲットできちゃいますので、

これは人数分確保して大勝利だと言えます。

 

もはやルーティン!スーパーの主と呼ばれることも・・・

スーパー主婦

スーパーマーケットを攻略してこそ、

節約主婦の座を射止めることができるものです。

 

たとえば、このスーパーでは何曜日に何が値引きされる(可能性が高い)

ということを事前に覚えておくだけで、日々の行動に無駄がなくなりますし、

かなりの節約が実現できます。

 

たとえば、水曜日は玉子が100円になるとわかっていれば、

毎週水曜日にはそのスーパーへ玉子を買い出しに行くと良いですし、

チラシを見ておくと、突如イレギュラーに、普段より半額近く

値下げとなる掘り出し物を見つけることができますので、おすすめです。

 

もうそうなれば、お買い得情報を調べることが、

朝顔を洗うことと同じくルーティンとなりますので、

目星をつけておいた商品を迷いなくゲットすれば間違いありません!

 

節約したい主婦がファッションを意識したいときの工夫と買い方

ファッショナブルな主婦

節約中、やっぱり躊躇してしまうのがファッションなど衣類に使うお金です。

 

とはいえ、今では格安価格で販売されている

ファストファッションブランドもたくさんありますし、

また、ネットで激安品を探すということもできなくありません。

 

とくに、ネット通販サイトでは、送料無料でしかも驚くほど

安いファッションアイテムが目移りしてしまうほどたくさんありますので、

節約主婦には必見だと言えます。

 

さらに、合わせ買いをすればするほど、お値打ちになる商品もありますので、

ここぞというときに、ドサッとまとめ買いしておくことも、

正しい節約中のファッションアイテム購入法となります。

 

とくにおすすめなのは、季節の変わり目に、

すでに終わった季節のファッションアイテムを買うことです。

 

実際に着用するのは1年後になってしまうかもしれませんが、

それでも自分の好みに合った服を割安で手に入れることができますので、

決して損をすることはありません。

 

節約するならやっぱり貯金!地道に家計簿を付けて正解!

節約に家計簿は必須

節約を実行しようにも、自分が日頃いくら使って、

いくら貯金できているのかといった具体的な数字を把握しないことには、

節約するための指標を設けたり、対策を講じることは難しいでしょう。

 

だからこそ、日頃から地道に家計簿を付けるようにすれば、

一体1ヶ月にどの程度の収支があって、何が正解で、

何が間違いなのかが一目瞭然となります。

 

それらデータを根拠として、使いすぎていれば反省し、

来月からこの項目のこの費用を節制しようといった目標を立てればよいのです。

 

したがって、家計簿を付けるだけで、

思いのほか節約がやりやすくなります!

 

困った時の百均&百均より安い店!

100均を利用して節約

お恥ずかしい話が、私は、

たいてい欲しいものや必要になったものが出てきた場合、

類似品が100円ショップに置いていないかどうか

確かめることが日課となっています。

 

そして、たまに100円ショップよりも

安く売っているお店もありますので、

当然最安値チェックも怠りません。

 

すると、いつしか調べなくてもその商品の相場や

底値が感覚でわかってくるようになりますので、

常に最低価格でゲットできるようになります。

 

たった1円、されど1円。1円でも損をすることのないよう

買い物してこそ、立派な超節約主婦の仲間入りが果たせるのです。

 

例を挙げますと、

ふりかけ・ペットボトル飲料・調味料・電池・

マスク・マニキュア・ハンドクリームなどは、

100円ショップで買うのが正解と言えます。

 

逆に、排水溝ネット・調味料・インスタント味噌汁などは、

100円ショップよりも安い地域のお店やスーパー、

ネットショップがありますので、時と場合によって買う場所を変えるとよいでしょう。

 

まとめ

傍から見ていれば、必死過ぎて、

可哀想と同情されてしまいがちな超節約主婦ですが、案外、

当人たちは「それがどうした!」と思っていることが少なくありません。

 

それくらいにタフでないと節約はなかなか敢行できないものだからです。

 

見栄を張ったり、人の目が気になって・・・

なんて生半可なことを言っているようでは、まだまだヒヨッコです。

 

無料でもらえるものは必ずもらうといったスタンスであったり、

お得情報には率先して乗っかっていくといったハングリー精神がなければ、

世知辛いこのご時世でお金を貯めるということは、至難の業となってしまいます。

 

今かく恥よりも、将来かくことになる恥の方が

きっとダメージが大きいことは言うまでもありません。

 

だからこそ、恥を忍んででも、あなたなりのやり方で、

超節約を身につけるようにしてみてくださいね!

 

きっとその先には、明るく幸せな未来が待っていると思えば、

きっと乗り越えられますよ!

 

おすすめの記事