子育てしているお母さん必見!女の子の方が悩みが多いってホント?

女の子の子育てをしていると、育てやすいとよく言われますが、

いろいろお金がかかって大変という話をよく聞きます。

 

また、服にもこだわりがあり、

自分の好きな服じゃないと着ないという子が多いです。

 

お金がかかったり、こだわりがあるからとって、

本当に女の子を育てるのは大変でしょうか?

 

女の子の特徴から、話をしていきます。

 

女の子は、男の子よりしっかりしている

 

兄弟がいて、第1子が女の子だったりすると、

妹や弟の面倒を見るのが大好きなのは、圧倒的に女の子が多いです。

 

弟や妹が小さいと、おしめを替えるのを手伝ってくれたり、

一緒に遊んでくれたりします。

 

このお世話を自分からしようとしてくれるので、

「ありがとう。助かったわ」と声をかけると、

自分から進んでやってくれます。

 

小学校に上がり、中学年以上になると、

弟や妹が、勉強がわからなくて困っていると、

「おねえちゃん、教えてあげる」と言って、

自分から勉強を見てくれたり、わからないところを

教えてくれたりします。

 

これは、親にとっては、とても助かっています。

 

女の子はおしゃれ好きだけど、自分で物事を決められる

女の子はおしゃれ好き

小さいうちは、出している服をすんなりと着てくれるのですが、

4歳すぎてからは、自分の好みがはっきりしてきて、

服一つにしても、お母さんが出している服が気に入らず、

タンスから自分で着たい服を出してきたりします。

 

寒いのに、春に着るような服を出してくることもありますが、

冬なら、「トレーナ地の服にしてね」と言うと、そこから選んで出しています。

 

服を一緒に買いに行くと、「この服がいい」「この服はいやだ」

と言われますが、「保育園や幼稚園で○○がいるの」と話しておくと、

お店で、「ママ、○○忘れてるよ」と言ってくれたりします。

 

こだわりがあり、大変そうに見えますが、

実は、お母さんの話をよく覚えていて、

お母さんが忘れていたりすると、教えてくれたりします。

 

「そうだ、忘れてた。ありがとう。」と言っておくと、

次の時も、覚えていてくれて、また言ってくれます。

 

頼もしいですよね!

 

女の子は、持ち物や部屋の片付けが上手

部屋のかたずけが上手な女の子

女の子は、一般的に、男の子より物を大事にすると言われます。

 

我が家も、男の子と女の子がいますが、遊具の遊び方にしても、

男の子は、雑に遊び、片付けも雑で、遊具を投げつけるように入れることがあります。

 

それに対し、女の子は特に自分の遊具や

持ち物は、大切に扱い、大事に片付けます。

 

学校の教科書一つにしても、男の子は、すぐに傷んでいまいますが、

女の子は、いつまでたってもきれいなままです。

 

遊んだ後、片付けの習慣が付きやすいのは、女の子です。

 

自分で種類別に遊具を入れて片付けたり、

自分の机も、いつでも勉強できるように、きれいにしたりします。

 

それに対し、男の子は、いつも机がぐちゃぐちゃで、

片付けをするよう言った時しか、基本は片づけをしません。

 

ひどい時は、片付けをするように言っても、汚いままのこともよくあります。

 

我が家は、女の子がお姉ちゃんなので、こちらが頼むと、

一緒に片付けてくれてくれます。

 

このように、女の子は、とても頼もしいのです。

 

仕事で忙しい時、家の手伝いをしてくれるのは女の子

家事のお手伝いをする女の子

毎日仕事で疲れて帰ってきたら、家事をするのが嫌になることよくありませんか?

 

女の子は、お母さんのすることに興味を持ってよく見ているので、

お母さんの家事のようすを意外と知っていたりします。

 

「ちょっと、○○持ってきて」と声をかけたら、すぐに持ってきてくれるし、

「ご飯の用意手伝ってくれる?」と言うと、「いいよ。何したらいい?」

と言ってくれます。

 

一緒に料理をやりながら、優しくやり方を教えてあげたり、

学校や、友だちの話を聞いてあげると、楽しく料理ができますね。

 

少しでもうまくできた時は、しっかり誉めてあげましょう。

そうすると、次もお手伝いをするモチベーションがあがります。

 

たとえ上手にできなくても、少しの間、待ってあげてくださいね。

 

そこで、「ちがうじゃない」「これは、こうやってするの」と

怒って言ってしまうと、次からは手伝ってくれません。

 

「今日は、いっぱい手伝ってくれたから、ご飯の用意が早く

できたわ。ありがとう。また、お手伝いお願いしてもいい?」

と話をしておくと、「いいよ」と笑顔で言ってくれます。

 

大人でも、誉めてもらうのは嬉しいですよね。

子どもも同じです。

しっかり誉めて、できるところを伸ばしてあげてくださいね。

 

七五三などの行事での写真撮影では、女の子の方が奇麗に見える

七五三で着物を着る女の子

七五三をするとき、写真屋さんで記念写真を撮りますよね。

お化粧して、着物やドレスを着た時の、娘の姿、どうですか?

 

お姫様みたいで、めちゃめちゃ可愛くないですか?

 

ちなみに、男の子は、お化粧はないので、着物やタキシードを

来たら終わりなので、ちょっとかっこよくはなりますが、

女の子ほど大きく見た目は変わらないです。

 

まとめ

女の子は、着る服にもこだわり、面倒だと思うことはありますが、

男の子より、いいところもたくさんあります。

 

女の子は、お世話をすることが好きな子が多いです。

 

弟や妹がいると、自分から面倒を見ようとします。

 

少し年が離れた子になりますが、

おしめ替えを頼むと、やり方を覚えれば、してくれたりします。

 

また、勉強を見てくれたり、わからないところを教えてくれたりします。

 

子ども目線で言ってくれるので、親が教えるよりは、意外とよかったりします。

 

着たい服を自分で決めることで、

自分で物事を考えて決める力が身に付きます。

 

私服ごとにいつもそうやっているということは、

かなりの確率で、自分で考えて決めることができるということです。

 

遊んだ後の片付けや、自分の持ち物の片付けは、女の子の方が上手です。

 

うちの娘は、片付け方を頻繁に知らせたことはないのですが、

自分で片付け方を覚え、自分からやるようになりました。

 

家の手伝いも、女の子の方が積極的にやってくれます。

 

料理や準備をしながら、子どもの話を聞いたり、普通の会話を

することで、楽しくできます。

 

手伝いの後、しっかり誉めることで、次もすすんで

手伝いをしてくれます。

 

また、写真撮影では、お化粧をして着物やドレスを着るので、

別世界のお姫様のようです。

これだけは、女の子の特権ですよね。

 

女の子の特徴をうまく使って、楽しい育児生活を送ってくださいね。

おすすめの記事