赤ちゃんが歯ぎしりするのは悪影響?原因や歯並びへの影響を調査!

赤ちゃんが生後6か月くらいになると、乳歯が生えてきます。

 

ちょろっと生えてきた歯はかわいいですよね。

 

母乳の方は、歯が生えてくると、あいたた・・・なんてこともあります。

 

乳歯が生える時期には個人差があり、早い子では3か月くらいから生える子や、

逆に1歳過ぎて生えてくるという子もいるようです。

 

ところが、歯が生えてから、ぎりぎりと歯ぎしりをするのが

気になるというお母さんもいるのではないでしょうか。

 

赤ちゃんが歯ぎしりをしていたら、歯並びに悪影響があるのではないか?

 

なにか精神的に問題があるのではないかなど、心配ですよね。

 

今日は、赤ちゃんの歯ぎしりについて調べてみました。

 

赤ちゃんが歯ぎしりするのが気になる

赤ちゃんが歯ぎしりする理由

大人の歯ぎしりの原因は、おもにストレス、

歯並びが悪いせいで歯がかみ合っていない、

くせで無意識にしているなどがあります。

 

一方、赤ちゃんの歯ぎしりは、

生えてきた歯を自分で確かめるためや、

歯ぐきがむずむずするためであったり、

指しゃぶりと同じように発達の過程として起こり、

 

その多くは一時的なものです。

 

歯が生えたばかりの赤ちゃんは、まだ歯の使い方がよくわかりません。

 

この時期の歯ぎしりは、

成長の過程で自然に起こる現象なので、自然に治まると言われています。

 

一般的に、赤ちゃんの歯ぎしりはストレスが原因ではないと言われていますが、

赤ちゃんもストレスで歯ぎしりをする場合もあるようなので、

可能性がゼロとは言えません。

 

赤ちゃんの歯ぎしりはよくないの?

この時期の赤ちゃんの歯ぎしりで、

歯並びが悪くなったり、受け口になったりすることはないので、心配はいりません。

 

赤ちゃんの歯ぎしりは、一般的に2歳半くらいで収まるといわれていますが、

 

歯がすり減るくらい歯ぎしりがひどい場合には、

歯医者さんで相談することをおすすめします。

 

子供の歯ぎしりは、生後6か月~2歳半頃と、

子供の歯が抜けて大人の歯に生え変わる4歳~6歳頃に多く起こります。

 

歯ぎしり自体は悪いことではありませんが、

大人の歯が生えそろった後に歯ぎしり続く場合は、

歯がすり減ったり、歯の神経やあごの関節に悪影響をあたえることもあります。

 

定期的に歯医者へ行くことのすすめ

赤ちゃんの歯ぎしりは、気にしなくてよいとお伝えしましたが、

 

私の経験では、歯が生えてそろってきたら

定期的に歯医者さんを受診しておくのをおすすめします。

 

うちの一番下の子は、今5歳なのですが、

歯が痛いというので、虫歯だと思い歯医者さんに連れて行きました。

 

ところが、痛みの原因は、歯ぎしりで歯がすり減っていたからだったのです。

 

このように、子供が歯ぎしりしていることに気づいていないということもあります。

 

子供の歯ぎしりにも気づかなかったのか!と怒られそうですが、

別に無関心だとかそういうわけではなく、本当に気づかなかったのです。

 

私が見ている範囲では、歯ぎしりはしていないので、

おそらく、寝ている間にしているのだと思います。

 

毎日、はみがきの仕上げはしていますが、

子供の歯は小さいし、意識して観察することもなかったので、

歯医者さんで指摘されて、前歯がすり減っているのを知りました。

 

虫歯になって初めて歯医者さんを受診する人もいるかもしれませんが、

歯がすり減っているなど、素人では気づきにくいこともあるので、

小さいうちから歯医者さんで定期健診を受けておく方が安心です。

 

赤ちゃんの歯ぎしり対処法

歯固めを持たせてみる

歯固めとは、噛むために作られたおもちゃのことです。

 

赤ちゃんのお食い初めにも、赤ちゃんの口に石をあてる、

歯固めという儀式があるようですが、これとは違います。

 

歯が生え始めた頃は、歯ぐきがむずむずして歯ぎしりしたり、

機嫌が悪くなって、ぐずりや夜泣きの原因になることもあるのですが、

 

歯固めをあたえることで、それが解消されます。

また、噛むことで歯の成長や顎の発達によい効果をあたえます。

 

どんな歯固めがいいのかというと、

口に入れるものなので、安全な素材のものがよいでしょう。

 

また、赤ちゃんはよく歯固めを落とします。

衛生面でもこまめに消毒できるものがおすすめです。

 

そして、赤ちゃんにもよりますが、歯固めにも好みがあるようです。

 

うちの子の時も、こちらの歯固めには全く興味を持たなかったけれど、

別のものには食いついたということがよくありました。

 

こればかりは試してみないと分かりません。

 

まとめ

赤ちゃんの歯ぎしりは、一時的なもので成長とともに自然に治まる。

 

歯医者を受診した方がよい場合
  • 歯ぎしりがひどい
  • 痛みや歯のすり減りがある
  • 6歳を過ぎても歯ぎしりが続く

 

赤ちゃんが歯ぎしりしていたら、とても気になりますよね。

 

しかし、一時的な歯ぎしりで歯並びが悪くなったり、受け口になることはないので

安心してくださいね。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

おすすめの記事