知らなきゃ損!家事の分担にアプリを使うとうまくいく本当の理由!どんなときに使える?

今や共働き夫婦・共働き世帯が増えつつあり、

家事や育児といった負担を女性だけが一方的に強いられることとなれば、

そのストレス度合いは大変なものとなってしまいがちです。

 

そこで今回は、どういうときに家事分担アプリを使うと

より効果的なのか、またおすすめの家事分担アプリには

どういったものがあるのかを、まとめてご紹介させていただきたいと思います。

 

パートナーが家事分担に非協力的なとき

家事に非協力的なパートナーの図

家事分担をしようにも、パートナーが非協力的で

埒が明かないといった場合も珍しくありません。

 

たとえば、古風な男性であれば、

「家事は女性が行なうのが当たり前」といった

価値観に囚われている人も珍しくありません。

 

なので、家事ができなかったときや家事がおろそかに

なっているときには、そのことを非難してきたりします。

 

とはいえ、今どきは家事は分担するものであるといった

当たり前のことを知らしめるためにできることは、

やはり家事分担アプリの存在をアピールすることだと言えます。

 

「こういうものがあります」といったニュアンスでもいいですし

「今の私たちの場合どうなるのか診断してみない?」

という取っ掛かりでもいいでしょう。

 

とにかく、家事とは分担するものであるとの

認識を持ってもらうことが最重要となってきます。

 

明らかに家事負担に偏りがあるとき

家事の負担に偏りがある夫婦

確かに、家事を分担してくれてはいるものの、

その割合があまりにも極端であって、どう考えても腑に落ちないと

理不尽な気持ちになっているときこそ、家事分担アプリを利用することがおすすめです。

 

家事負担が少ないパートナーにとって、

今現在の家事分担比率を実際に突きつけられてこそ、

改善が必要であるといったことだけでなく、

自分の日頃の行いをあらためなければならない事実に

気づかされる絶好の機会とすることができるからです。

 

話し合いを持つことができそうにない

話し合いの出来ない夫婦

忙しいとか時間がないとか何かと言い訳をつけて家事分担に関しての

話し合いを避けようとするパートナーをお持ちの場合にも、

家事分担アプリを活用することは大変有意義であると言えます。

 

家事分担アプリというものがあるということ、

また実際にそこでどういった診断がされたのかといった結果を

突きつけることによって、話し合いに割く時間がなくとも、

相手にその重要性を示唆することが可能となるからです。

 

私が思っているのではなく、あくまでも家事分担アプリが

こう言っていますとの姿勢を貫き通すことによって、

家事分担について考え直さなければならない

ターニングポイントにあるということを伝えることができます。

 

家事分担を可視化したいとき

家事分担を可視化できるアプリ

公平性を期す意味でも、

第三者目線で今現在の家事分担の割合を分析してもらいたいときに、

家事分担アプリを利用するのは最良であると言えそうです。

 

ある程度は家事分担ができているご家庭であっても、

まだまだどちらか一方が家事負担を強いられていることがあるものです。

 

そんなとき、家事分担アプリは、家事や育児について再考するためには、

うってつけのツールとして、その機能を最大限発揮してくれることでしょう。

 

おすすめの家事分担アプリと利用したときのメリットについて

 

家事分担アプリは、登録が簡単なだけでなく、

共有することができますので、どっちがどうやって負担すればよいのか

グレーゾーンとなっている家事を、交代しながら行ないやすくしてくれたり、

協同して行わなければならない仕事として、理解する一助となることが期待できます。

 

なお、おすすめの家事分担アプリは次の通りです。

 

① Yieto

家事分担アプリ【Yieto】

https://yieto.jp/

 

家事分担のモヤモヤを解消してくれるだけでなく

細かな家事タスクと実際の分担状況が一目瞭然であり、

大変人気を博しています。

 

② Trello

夫婦の家事分担に役立つアプリ【Trello】

https://trello.com/ja

 

柔軟性と機能性に優れているところに定評があり、

家事分担だけでなく、会社内のチームの生産性向上にも

役立てることができる万能アプリです。

 

いずれも、無料でダウンロードして利用することができますので、

特に費用がかかるわけではありません。

 

ただし、気をつけていただきたいポイントは、

結果を見て一喜一憂したり、相手を咎めたり、

攻撃しようとしないことです。

 

ともすれば、裁判の証拠書類のように扱ってしまうことがある

家事分担アプリの結果ですが、それはそれとして、

今現在の状況を正しく反映しているただの「結果」に過ぎませんので、

これから分担していくにあたってどのようにそのデータを活用していくか

といった先を見据えた対応をしていく必要があります。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

家事分担は今や時代の要請であり、

男女ともに社会進出することが珍しくなくなった現代社会においては、

当然の流れと言えます。

 

にもかかわらず、どちらか一方が家事を大幅に負担しているといった

現状を続けていることは、不健全なだけではなく、

家庭の未来にも黄色信号が灯っている状態だと言う事ができます。

 

そのまま放置しておけば、いずれは負担を強いられている側の

怒りや不満が爆発することにつながってしまいますので、

取り返しのつかないこととなってしまっては百害あって一利なしです。

 

そんな考えうる最悪の事態を回避するためにも、

今だからこそサービス展開されている家事分担アプリを

活用することは、意味深いことであると言えます。

 

家事分担アプリを利用することによって、

その不均衡が改善されれば、夫婦円満・家庭円満につながりますので、

より快適な暮らしを実現することができますね!

 

以上、

知らなきゃ損!家事の分担にアプリを使うとうまくいく本当の理由!

どんなときに使える?と題したお話でした。

 

おすすめの記事