主婦の子育ての悩みの1つが夜泣き

子育ての悩みといえば夜泣きではないでしょうか?

 

特に夜中にミルクを飲んだのに泣いてしまう、

夜中急に目が覚めて泣き出してしまうなどありませんか?

 

そこで、何故夜泣きをするのか、

夜泣きはいつからいつまで続くのかについて、詳しくご説明いたします。

 

子育ての悩みといえば夜泣き!何故夜泣きするの?

赤ちゃんはどうして夜泣きするの?

実は夜泣きには決まった定義があるわけではないのです。

 

そのため、夜中に赤ちゃんが泣く事=夜泣き

繋がるわけではありません。

 

では何故赤ちゃんは夜に泣き出してしまうのでしょうか?

 

赤ちゃんの夜泣きには月齢や年齢が関係しています。

 

大体0〜3ヶ月、4ヶ月〜1歳半、1歳半以降で

夜泣きの質は変わってくると言われています。

 

3ヶ月ごろまでは睡眠不足や生活リズムなどが

整っていないことなど原因になることがあります。

 

そのため、生活リズムを整えることによって

夜泣きが改善されることが多いです。

 

4ヶ月以降になると、睡眠サイクルが発達することで変化が現れます。

 

今までよく寝ていた赤ちゃんでも

夜中に何度も起きるようになったり、

お昼寝が短くなったりなどこの時期

に睡眠が乱れることがあります。

 

この場合は、生活リズムや寝室環境を

整えていると徐々に落ち着いて、

元の睡眠サイクルに戻ることもあります。

 

しかし、抱っこしていないと眠ってくれない、

ミルクを飲まないと寝ないといった癖がつくと

睡眠問題が解決するどころか

そのまま引きずってしまう可能性もあるので気をつけてください。

 

そして、1歳半を過ぎてくると言葉も少しずつ分かるようになってきます。

 

そのため、子ども自身の主張も強くなり

睡眠に問題が出てくることもあります。

 

怖い夢を見たり、暗闇を怖がったりといったことも出てくるため、

対応が難しい場合は睡眠の専門家に相談することをお勧めします。

 

子育ての悩みといえば夜泣き!夜泣きはいつから始まるの?

子供の夜泣きは何歳から始まる?

では夜泣きはいつから始まるのでしょうか。

 

夜泣きが始まるタイミングはそれぞれで個人差があります。

 

ですが、大体5ヶ月〜6ヶ月に始まる子が多いです。

そして、全く夜泣きしない子もいます。

 

私の子の場合は7ヶ月を過ぎても夜泣きがないため、

これからまだ先になるのか、

それとも全く夜泣きなしで成長するのか

分からないところです。

 

新生児期に夜中になく理由としては、

赤ちゃんが生まれたばかりでまだ様々な刺激に対して

慣れていないからということが挙げられます。

 

気温の変化や物音など赤ちゃんには新鮮で、

驚きの連続のためびっくりします。

 

そのため、昼間でも夜中でも大人は気づかないようなことで

泣き出すことが多々あります。

 

また、ミルクやオムツでも赤ちゃんは泣くため、

新生児期の夜に泣くというのは夜泣きではありません。

 

では夜泣きが始まる5ヶ月ぐらいは

何が理由で夜泣きが始まるのでしょうか。

 

5ヶ月ぐらいで夜泣きが始まる理由として、

体内時計がきちんと機能していないため、

熟睡できずに夜泣きが起こるとされています。

 

この状態を治すには

寝る時間になったら、部屋を暗くし、

朝になると日光を浴びるという生活リズムを整えましょう。

 

子育ての悩みといえば夜泣き!夜泣きはいつまで続く?どうすれば寝てくれる?

夜泣きっていつまで続くの?

それでは夜泣きはいつまで続くのでしょうか?

 

夜泣きがあると、

お母さんもあやすのに大変で

中々睡眠が取れないという方が多いと思います。

 

そこで、夜泣きがいつまで続くのか、寝てくれるための方法などをご紹介いたします。

 

まず夜泣きは始まりに個人差があるように

いつまで終わるのかということにも個人差があります。

 

そのため、1歳半頃に終わる子もいれば、

2歳を過ぎても夜泣きをする子もいます。

 

逆に1歳半頃から夜泣きが始まる子もいるため、

いつ始まっていつ終わるかは個人差があることもあり、

全く分からないのです。

 

では赤ちゃんの夜泣きがおさまらない場合は、

どうしたらいいのでしょうか?

 

あまり抱っこやミルクで泣き止ませると

癖になってしまいますが、

抱っこやミルクはとても効果的です。

 

抱っこしてあやすだけで、赤ちゃんは安心して

眠ってしまう赤ちゃんもいます。

 

もちろんミルクを飲ませることで

飲みながら寝てしまう子もいるため、

こちらも効果的です。

 

しばらく様子を見ることもいいと思います。

 

2〜3分様子を見て、あまりにも泣き止まない場合は

ミルクや抱っこを試して見てください。

 

まとめ

 

夜泣きがひどいと、お母さんも中々睡眠が取れませんよね。

 

赤ちゃんも眠たいのに眠れなくて泣いているかもしれません。

 

そんな時は抱っこしたりミルクを飲ませてみたりしてください。

 

抱っこやミルクで安心して

赤ちゃんもぐっすり眠れるかもしれません。

 

私の場合は夜泣きはまだですが、夜の10時を過ぎても

中々寝付いてくれなくて、困ったことが何度もあります。

 

その場合はミルクを飲ませて眠らせていたので

ミルクを飲ませるのは大変効果的だと思います。

 

夜泣きは大変ですが、

いつの間にか終わっていることもあるので

それまで根気強く赤ちゃんに付き合ってあげて下さい。

 

おすすめの記事