小学生の子供を持つ主婦が持つ子育ての悩み

お子さんが小学生に上がり、少し育児が楽になったかと思いきや、

何かとうまくいかず、いらいらしたり新たな悩みがでてきていませんか?

 

そんな方に、テーマ別にして、悩みから解決できる方法をお伝えします。

 

部屋の間取りから解決

部屋の間取りを変更して子育ての悩みを解決

小学生に上がる前に、家を建てたりマンションを購入する方が多いと思います。

 

その時に、ただ、リビングがあって、子ども部屋があって、

あと自由な部屋があればいいと思っていませんか?

 

実は、子育てにピッタリな間取りがあるのです。

 

それは、東側、もしくは南側に窓があり、日がしっかりと入る

大きなリビング・ダイニングに、子どもが勉強したり、遊ぶことができる場所

荷物や遊具を片付ける場所

そして、子どもと一緒に料理ができる広いキッチンを備えることです。

 

なぜ、それがとても大事なのか、お話していきます。

 

太陽の日がしっかりと入るリビングは、朝の到来を告げ、

毎日の生活を規則正しくしてくれます。

 

そうなると、自然に目が覚めて、朝食を採ることにつながります。

 

また、リビングに、カウンターデスクを置くことで、

家事をしながら学校の宿題をしたり、勉強している様子を見ることができます。

 

リビングにフリースペースや、自由に遊べる空間があると、

食事のたびに片付けなくていいので、イライラが減りますし、

遊んでいる様子も、家事をしながら見れます。

 

子ども部屋は、もちろん用意してていいのですが、

普段使わない遊具や、荷物、服などをしまっておいたり、

静かに遊びたい時に使用します。

 

リビングの壁側やカウンターデスクに、

遊具や子どもの荷物を片付けれるように収納棚を設置すると、

自分で荷物を片付ける習慣が付きます。

 

最初は、どこに何を片付けるのかを決めたり、

大人も一緒に片付けをしないといけないのですが、

何回かしているうちに、自分でできるようになります。

 

フリースペースのところも、片付けができるよう棚などを

設置しておくと、遊んだ遊具を片付けることができ、習慣付いてきます。

 

キッチンを広く取っておくと、料理をするのに気持ちのゆとりが

生まれますし、特に女のお子さんは、興味を持って、自分から

料理を作るのを手伝った時、スペースが狭くて、イライラしたりすることがないです。

 

部屋の間取りを少し考えて作ると、子育てするにあたり、こんなにいいことがあります。

 

家を建てたり、マンション購入の時、考えてみたらいかがでしょうか。

また、部屋の模様替えをする時、検討できるかもしれないですね。

 

仕事を在宅でできるものにする

自宅のPCで在宅ワークをする主婦

仕事と言えば、家の外で働くものだと思っていませんか?

 

職種はやや限られてしまいますが、

実は、家にいながらでもたくさんお仕事する機会はあります。

 

小学校に上がると、家庭訪問や参観日、クラス懇談、

PTA役員の会議などなど、行事がたくさんあります。

 

また、子どもの急な熱や学級閉鎖、台風などによる臨時休校があります。

 

この学校行事は、基本平日の午前中や午後にあるので、

その都度有給を取らないと出席できません。

 

また、有給を取るにあたって、職場から自宅、学校まで

距離があれば、その分も含めて休みをとらないといけません。

 

毎回、会社の同僚や上司に気を遣いながら休みを申請するのは、大変ですね。

 

でも、在宅でのお仕事なら、その時間だけぬけたり、

子どもの様子を見ながらお仕事できるので、時間の都合がつきます。

 

毎回、職場の同僚や上司に気を遣わなくていいです。

 

また、在宅でのお仕事なので、職場と自宅の移動時間がないため、

時間が有効に使えますし、自身のスキルアップに使える時間が増えます。

 

住んでいる地区によりますが、私の住んでいるところは、

マンションで、出発当番、登校指導が月1回まわってきます。

 

在宅でお仕事なら、時間に余裕をもって当番できますし、

他のお子さんの様子を落ち着いて見ることができます。

 

当番ではない日も、ゆとりを持って子どもを送り出すことができます。

 

今は、パソコンやスマホがあれば、仕事が簡単に探すことができ、

仕事ができる時代です。職種が限られたり、自分の希望する職種があるか

という問題があったり、

 

仕事を見つけるまでは、少し時間がかかりますが、

いざ、仕事を始めてしまうと、家事や学校のこと、

子どものこと、塾や習い事の送迎など、それ以外は有効に時間を

使ってお仕事をすることができます。

 

まとめ

小学生の子育てには、いろんな悩みがつきものですが、解決の手段としては、

 

  • 間取りを工夫する
  • 在宅で仕事ができるようにする

 

などが考えられます。

 

このポイントを押さえておくと、

子どもの学校の宿題の様子や、勉強の様子が家事をしながら見れたり、

自分の荷物や遊んだ遊具を片付ける習慣が付いたり、

キッチンが広いと、気持ちにゆとりを持って料理作りに取り組めますね。

 

また、学校行事のことやPTA活動、学級閉鎖や臨時休校、

夏休みなどの長期の休みなど、会社にどうやって休みを申請するか、

細かく考えなくていいです。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね^^

 

おすすめの記事